ニュース
» 2013年04月19日 12時10分 UPDATE

ドスパラ、静音設計の6画面マルチディスプレイ対応デスクトップ「Raytrek MD-M」

サードウェーブデジノスは、最大6画面までのマルチディスプレイ表示に標準で対応したCore i5搭載デスクトップPC「Raytrek MD-M」を発売する。

[ITmedia]
photo Raytrek MD-M

 サードウェーブデジノスは4月19日、最大6画面までのマルチディスプレイ表示に標準で対応したCore i5搭載デスクトップPC「Raytrek MD-M」を発表、本日より販売を開始した。BTOカスタマイズに対応、標準構成価格は9万9980円(税込み)。

 Raytrek MD-Mは、CPUとしてCore i5-3570K(3.4GHz)を標準搭載したミドルタワー型のデスクトップPC。ファンレス仕様のRadeon HD 6450搭載カード×2基(2画面出力×2)にCPU内蔵グラフィックス機能(2画面)を合わせることで最大6画面の同時表示が可能となっている。またCPUクーラー/電源ユニットにも静音タイプのパーツを採用するなど、静音性を考慮した構成となっているのも特徴だ。

 メモリはDDR3 8Gバイト、HDDは1Tバイト、光学ドライブはDVDスーパーマルチドライブを内蔵。OSはWindows 7 Home Prmeiumを導入した。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう