レビュー
» 2013年04月24日 09時00分 UPDATE

店頭モデルは本日発売:東芝“本気”の超高解像度Ultrabook、その実力は?――「dynabook KIRA V832」徹底検証(後編) (1/3)

ディスプレイが高品質なことは分かった、では性能はどうか。レビュー後編では、各種ベンチマークテストで「dynabook KIRA V832」の実力を調べていく。果たして“買い”の1台なのか。

[池田憲弘(撮影:矢野渉),ITmedia]

←・“Retina級”高解像度ディスプレイは画質も最高峰か?――「dynabook KIRA V832」徹底検証(中編)

店頭モデルを大幅強化した直販モデルで実力診断

photo 13.3型ワイド液晶ディスプレイで2560×1440ドットという高精細な表示が特徴のUltrabook「dynabook KIRA V832」

 13.3型ワイドで2560×1440ドット(368万6400ドット/約221ppi)という超高精細な液晶ディスプレイを搭載したUltrabook「dynabook KIRA V832」。レビューの前編中編では外観やキーボード、色調整済みディスプレイの表示性能などをチェックした。後編では、各種ベンチマークテストやバッテリー動作時間の測定を通じて、Ultrabookとしての基本性能に迫る。

 テストの前に、dynabook KIRA V832の構成を確認しよう。評価機は東芝ダイレクト限定で販売される直販モデル(Webオリジナルモデル)を選択した。店頭モデルとはCPUやストレージの容量などに違いがある。それぞれの構成は以下の通り。

「dynabook KIRA V832」の主な仕様
分類 店頭向けモデル Webオリジナルモデル
CPU Core i5-3337U(1.8GHz/最大2.7GHz) Core i7-3537U(2.0GHz/最大3.1GHz)
チップセット Intel HM76 Express
メモリ 8Gバイト(4Gバイト×2/DDR3-1600/交換不可) デュアルチャネル対応
データストレージ 128GバイトSSD 6Gbps 256GバイトSSD 6Gbps
液晶ディスプレイ 13.3型ワイド(2560×1440ドット)、静電容量式タッチパネル内蔵
光学ドライブ
グラフィックス Intel HD Graphics 4000
無線通信 IEEE802.11a/b/g/n無線LAN、Bluetooth 4.0
OS 64ビット版Windows 8 64ビット版Windows 8 Pro
オフィススイート Office Home and Business 2013 なし
クリエイティブ系ソフト Adobe Photoshop Elements 11、Adobe Premiere Elements 11
実売価格 17万円前後 17万2800円(上記の構成、Office付属モデルは18万9800円)

 まず、薄型ボディのUltrabookでありながら、どちらもメモリをデュアルチャンネル対応で8Gバイト搭載しているのはうれしい。本機は標準でAdobe Photoshop Elements 11とAdobe Premiere Elements 11が付属しているが、重い作業になりがちなクリエイティブ系ソフトもサクサク動くはずだ。

 直販モデルを選ぶメリットは、CPUがCore i7になることに加えて、SSDの容量が増えることだ。評価機(直販モデル)の256GバイトSSDは、初期状態におけるCドライブの空き領域が約184Gバイトだが、店頭モデル(128GバイトSSD)は初期の空き領域が56Gバイト程度になると予想される。この容量で足りないと感じるならば、Webオリジナルモデルを購入するのがよさそうだ。もちろん、Officeの有無が選べるところや、OSがWindows 8 Proになるのも購入の際には重要なポイントとなる。

photophotophoto 評価機のデバイスマネージャ画面。SSDは東芝の「THNSNF256GMCS」(容量256Gバイト/6Gbps)を搭載していた
iconicon 東芝ダイレクトPC クーポンキャンペーン

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.