ニュース
» 2013年05月31日 22時57分 UPDATE

PCパーツベンダー各社、GeForce GTX 780/770搭載グラフィックスカードを発売

NVIDIAの発表にあわせて、PCパーツベンダーが最新GPUを搭載するモデルを投入した。

[ITmedia]

MSIとZOTAC

 アスクは、GeForce GTX 780搭載グラフィックスカードとしてMSI製「N780-3GD5」とZOTAC製「ZOTAC GeForce GTX 780」、およびGeForce GTX 770搭載グラフィックスカードとして、MSI製「N770GTX Twin Frozr 4S OC」とZOTAC製「ZOTAC GeForce GTX 770」の取り扱いを開始した。

 N780-3GD5はコアベースクロックが863MHz、Boostクロックが902MHzで、グラフィックスメモリの転送レートはGDDR5で6008Mbps。一方のZOTAC GeForce GTX 780は、コアベースクロックが863MHz、Boostクロックが900MHz、メモリ転送レートは6008Mbps。クーラーユニットはリファレンスデザインと共通だ。

 一方、N770GTX Twin Frozr 4S OCは、独自クーラーを採用したOCモデルで、コアベースクロックを1046MHzから1058MHzに、Boostクロックを1085MHzから1111MHzに引き上げている。グラフィックスメモリの転送レートはGDDR5で7010MHz。また、ZOTAC GeForce GTX 770も同様にオリジナル仕様のデュアルファンを搭載したOCモデルで、コアベースクロック を1059MHz、ブーストクロックを1098MHzに引き上げている。メモリクロックは7010MHz。なお、映像出力インタフェースはすべて、DVI-I、DVI-D、HDMI(1.4準拠)、DisplayPort(1.2準拠)。

og_gpu_001.jpgog_gpu_002.jpg GeForce GTX 780を搭載するMSI製「N780-3GD5」とZOTAC製「ZOTAC GeForce GTX 780」

og_gpu_003.jpgog_gpu_004.jpg GeForce GTX 770を搭載するMSI製「N770GTX Twin Frozr 4S OC」とZOTAC製「ZOTAC GeForce GTX 770」。いずれもオリジナルファンを採用したオーバークロックモデルだ

ギガバイト

 CFD販売は、GeForce GTX 780搭載グラフィックスカードとして、ギガバイト製「GV-N780D5-3GD-B」と「GV-N780OC-3GD」、およびGeForce GTX 770搭載グラフィックスカードとして「GV-N770OC-2GD」の取り扱いを開始した。

 GV-N780D5-3GD-Bは、ほぼリファレンスデザインに準じる仕様だが、OCモデルのGV-N780OC-3GDは、独自設計のヒートシンクと傾斜ファンによる「WindForce 3X」を搭載し、ベースクロックを863MHzから954Hzに、Boostクロックを900MHzから1006MHzに向上している。これにより、GeForce GTX TITANと同等の性能を発揮できるとしている。

 GeForce GTX 770を搭載するGV-N770OC-2GDも、GV-N780OC-3GDと同じく冷却に「WindForce 3X」を採用。ベースクロックを1046MHzから1137MHzに、Boostクロックを1085MHzから1189MHzに高めているのが特徴だ。

og_gpu_005.jpgog_gpu_006.jpgog_gpu_007.jpg ギガバイト製「GV-N780D5-3GD-B」(写真=左)、「GV-N780OC-3GD」(写真=中央)、「GV-N770OC-2GD」(写真=右)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう