ニュース
» 2013年08月13日 17時58分 UPDATE

企業XP稼働率、まだ4割超:2013年上半期法人PC市場が堅調、XPリプレース需要で

GfK Japanが2013年上半期の法人PC市場の調査リポートを発表。企業XP搭載PC稼働率はまだ高く、需要はサポート終了期まで続くようだ。

[ITmedia]

 ジーエフケーマーケティングジャパン(GfK Japan)は8月13日、2013年上半期(1月〜6月)におけるPC法人販売市場の動向を発表。販売数量は前年比13%の増加となった。

photophoto 2013年上半期の法人PC販売動向と従業員規模別XP搭載PCの稼働率

 法人PC市場は、2014年4月のWindows XPサポート終了にともなう刷新・買い換えの需要が増えており、活況。2013年上半期は前年比13%、直近6月期は同25%増と高い伸びを示した。

 同社調査によると、2013年6月時点も企業のWindows XP搭載PC稼働率はいまだ平均4割を超えており、特に中小企業の比率が高い傾向。サポート終了対策が未着手である企業も多く、現在稼働するXP搭載PCの半数以上はサポート終了までにリプレースされるとみられる。このため、サポート期限が切れる2014年4月までリプレース需要は底堅く、直前期はさらなる駆け込み需要があると見込む。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.