調査リポート
» 2013年08月27日 20時30分 UPDATE

約9カ月ぶりに前年超え:7月のPC出荷台数、前年同月実績を上回る デスクトップPCが好調

JEITAが2013年7月度の国内PC出荷台数を発表。出荷台数、金額ともに前年同月の実績を上回った。前年比で100%を超えるのは2012年10月以来、約9カ月ぶりだという。

[池田憲弘,ITmedia]

 電子情報技術産業協会(JEITA)は8月27日、2013年7月の国内PC出荷台数を発表した。出荷台数は前年同月比4.2%増の79万7000台。内訳は、デスクトップPCが前年同月比11.6%増の24万3000台、ノートPCが同1.3%増の55万4000台だ。

 ノートPC、デスクトップPCともに前年よりも出荷台数が増加した。特にセパレート型のデスクトップPCが前年同月比で25.1%増と伸び率が大きいことから、XPサポート終了が近づく中、法人向けリプレース需要が好調であることがうかがえる。出荷台数については、2012年10月以来、約9カ月ぶりに前年同月実績を上回った。

photo 2013年7月の国内PC出荷台数と出荷金額

 出荷台数の増加に伴い、出荷金額も前年同月比で6%減少し594億円となった。このうちデスクトップPCが同14.4%増の180億円、ノートPCが同2.8%増の414億円。出荷金額ベースでは、大画面ノートのみ前年同月比で減少するなど不調だった。

 統計に参加している企業は、アップルジャパン、NEC、ソニー、オンキヨー、セイコーエプソン、東芝、パナソニック、日立製作所、富士通、ユニットコム、レノボ・ジャパンの11社。デル、日本ヒューレット・パッカード、ASUSTeK、エイサーなどは含まれていない。

関連キーワード

PC市場 | JEITA | 統計


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.