ニュース
» 2013年09月11日 12時08分 UPDATE

G-Tune、50万円超えのCore i7-4960X採用ハイスペックゲーミングPC「MASTERPIECE i1560PA1」

マウスコンピューターは、G-Tuneブランド製ゲーミングPC「MASTERPIECE」「NEXTGEAR」のラインアップに、最新CPUとなるCore i7-4960X/Core i7-4820K採用モデルを追加した。

[ITmedia]

 マウスコンピューターは9月11日、G-Tuneブランド製ゲーミングPC「MASTERPIECE」「NEXTGEAR」のラインアップに、最新CPUとなるCore i7-4960X/Core i7-4820K採用モデル「MASTERPIECE i1560PA1」「NEXTGEAR i840BA1」を追加、本日より受注を開始する。BTOカスタマイズにも対応、標準構成価格はMASTERPIECE i1560PA1が57万9600円、NEXTGEAR i840BA1が14万9940円(ともに税込み)。

photophoto MASTERPIECEシリーズ(左)、NEXTGEARシリーズ(右)

 MASTERPIECE i1560PA1は、最上位6コアCPUとなるCore i7-4960X(3.6GHz)を標準装備したゲーミングPC。さらにグラフィックスカードとしてGeForce TITAN×2基のSLI構成を採用するハイスペック仕様となっている。メモリはDDR3 32Gバイト、ストレージは512GバイトSSD+2TバイトHDD、光学ドライブはDVDスーパーマルチドライブを内蔵。OSはWindows 8 Proを導入した。

 NEXTGEAR i840BA1は、4コアCPUとなるCore i7-4820K(3.7GHz)を搭載するゲーミングPCで、グラフィックスカードはGeForce GTX 760を装備した。メモリは16Gバイト、ストレージは2TバイトHDD、光学ドライブはDVDスーパーマルチドライブを内蔵。OSはWindows 8となっている。


photo MDV ADVANCEシリーズ

 またマウスコンピューターは、同社製デスクトップPC「MDV ADVANCE」シリーズのラインアップにもCore i7-4820K/同-4930K/同-4960X搭載モデル「MDV-GX9200」シリーズを追加、本日より受注を開始する。

 製品ラインアップは、Core i7-4820K搭載の「MDV-GX9200E」「MDV-GX9200B」「MDV-GX9200S-SH」、Core i7-4930K搭載の「MDV-GX9200X-SH」、Core i7-4960K搭載の「MDV-GX9200X2-SH」の5バリエーションを用意。グラフィックスカードはGeForce GTX 650/同 760/同 770/同 780を標準装備した。

 BTOカスタマイズにも対応、標準構成価格はMDV-GX9200Eが12万9990円、MDV-GX9200Bが15万9600円、MDV-GX9200S-SHが19万9500円、MDV-GX9200X-SHが25万9980円、MDV-GX9200X2-SHが33万9990円だ(税込み)。

icon

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう