ニュース
» 2013年09月13日 13時42分 UPDATE

テックウインド、Xeon Phiコプロセッサ搭載WSにタワー型の“バリューパック”モデルを追加

テックウインドは、Xeon Phiコプロセッサを体感できるスターターキットのラインアップに、エントリー構成の“バリューパック”モデルを追加した。

[ITmedia]
photo

 テックウインドは9月13日、Xeon Phiコプロセッサを体感できるスターターキットのラインアップに、エントリー構成の“バリューパック”モデルを追加、同社リセラー経由にて10月初旬より出荷を開始する。

 本体構成は、Xeon E5-1602v2搭載のタワー型ワークステーション「Spuermicro ワークステーション5037A-i」に、倍精度ピーク性能1.003TFLOPSを実現するコプロセッサカードのXeon Phi3120A×1基を搭載したセットパッケージとなっている。

 メモリは標準でECC DDR3 16Gバイト、HDDは1Tバイトを装備(OSは標準構成では非搭載)。BTOカスタマイズにも対応しており、Xeon Phi×2基構成も可能だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう