ニュース
» 2014年02月05日 11時30分 UPDATE

オリオ、10万円を切る高精細3Dプリンタ「3D PRINTER REPRAP PROFESSIONAL」の販売を開始

オリオスペックは、オープンソース仕様の3Dプリンタ「RepRap」ベースの最新モデル「3D PRINTER REPRAP PROFESSIONAL」の販売を開始する。

[ITmedia]

 オリオスペックは2月5日、オープンソース仕様の3Dプリンタ「RepRap」ベースの最新モデル「3D PRINTER REPRAP PROFESSIONAL」の取り扱いを発表、本日より販売を開始する。価格は9万8000円だ。

photophotophoto 3D PRINTER REPRAP PROFESSIONAL

 3D PRINTER REPRAP PROFESSIONALは、キューブタイプのフレーム筐体を採用した3Dプリンタで、ノズル系を0.3ミリとしたことで従来モデル「REPRAP MENDEL Evolution」より高精細な3Dプリントを可能としたのが特徴。最小の積層ピッチは0.05ミリ(抽出物の大きさや形状による)、造形可能な最大サイズは200(幅)×200(奥行き)×180(高さ)ミリまでとなっている。

 ファイル形式はSTL/G-code形式に対応。またSDカードスロットを備えており、PCレスでの単体プリントに対応しているのも特徴だ。

 本体サイズは430(幅)×400(奥行き)×380(高さ)ミリ、重量は12キロ。対応OSはWindows XP/Vista/7、Mac OS。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.