ニュース
» 2014年04月02日 11時35分 UPDATE

予告された“周辺機器”はコレ:日本マイクロソフト、Surface 2の駆動時間を70%延長できるカバーキーボード「パワーカバー」など2製品

日本マイクロソフトは、大容量バッテリーを内蔵するSurface用カバーキーボード「パワーカバー」、および車内で充電を行なえる「カーチャージャー」の2製品を発表した。

[ITmedia]
photo パワーカバー

 日本マイクロソフトは4月2日、大容量バッテリーを内蔵するSurface用カバーキーボード「パワーカバー」、および車内で充電を行なえる「カーチャージャー」の2製品を発表、4月11日に販売を開始する。参考価格はパワーカバーが1万9029円(税別)、カーチャージャーが5219円(税別)だ。

 パワーカバーは、Surface 2およびSurface Pro/Pro 2で利用できるバッテリー内蔵型のカバーキーボード。装着することで本体の使用時間を延長可能で、Surface 2利用時で約70%、Pro/Pro 2利用時で約60%駆動時間を延長できる。

 キーボードの仕様は「タイプカバー」と同様にクリック感のある設計だ。ファンクションキー(F1〜F12)、メディアコントロールキー、チャームキー、タッチパッドを装備した。本体サイズは278(幅)×190(奥行き)×9.5(高さ)ミリ、重量は約535グラム。


photo カーチャージャー

 カーチャージャーは、Surface全モデルで利用可能な車載充電器で、シガ−ソケットに挿入することで充電を行なえる。またUSBポートも備えており、USBバスパワー対応機器の同時給電も可能だ。

 なお既報の通り、「Surface」の国内公式ツイッターアカウント(@SurfaceJP)は3月31日、「Surfaceの周辺機器に関する新しい情報を、4月2日の午後にお知らせいたします」と告知していた。新情報とは、これらの製品のことだった。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう