ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

「Surface Pro」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Surface Pro」に関する情報が集まったページです。

華やかな“Copilot+ PC”売り場、でも「それ、Arm版Windowsですよね?」 “分かっている人があえて選ぶPC”が一般層に猛プッシュされている不安
6月18日に一斉発売されたCopilot+ PCだが、もし購入を検討するなら注意点もある。しかし、その告知が不十分ではないかと思うところも……。(2024/6/26)

Windows 10 The Latest:
そろそろWindows 11との互換性を確認しようじゃないか
2025年10月14日にWindows 10のサポートが終了する。調査会社のレポートによれば、日本国内において半数以上がいまだにWindows 10だという。Windows 10のサポート終了まで残り時間が少なくなっている。そろそろWindows 10からWindows 11に移行可能かどうかの確認をしてみるとよい。本稿では、Windows 11との互換性をチェックする方法と、TPM 2.0の要件を満たさなかった場合にUEFI(BIOS)を確認、変更する方法を紹介する。(2024/6/21)

6月18日に搭載PCが出荷開始:
「Copilot+ PC」なら最高のAI経験を得られる? リコールやコクリエイター機能を使ってみた
6月18日から、40TOPS以上のNPUを搭載する「Copilot+ PC」の出荷が始まる。それに先駆けて、日本マイクロソフトがCopilot+ PCの特徴的な機能を紹介するイベントを開催した。(2024/6/17)

COMPUTEX TAIPEI 2024:
それぞれの思いを乗せた新「AI PC」が出港! 「COMPUTEX TAIPEI 2024」が6月4日から開幕
台湾の台北市で、PC関連の見本市「COMPUTEX TAIPEI 2024」が6月4日からスタートする。2024年の話題や見どころはどうなのだろうか。(2024/6/4)

「最も速く、最もインテリジェントなWindows PC」を提供:
Microsoft、NPUを搭載したAI PC「Copilot+ PC」を発表 新たに搭載されるAI機能とは
Microsoftは、AIのために設計された新たなWindows PC「Copilot+ PC」を発表した。2024年6月18日に同社とOEM各社が第1弾を発売する。(2024/5/23)

Armベースに完全移行した新型「Surface Pro/Laptop」が登場 45TOPS実現の「Snapdragon X」でAI PC体験を強化 約8万円の上位純正キーボードも
Surfaceシリーズが「Copilot+ PC」として久々の大変革を体現する製品に刷新された。(2024/5/21)

Windowsフロントライン:
Microsoftのイベントと「AI PC」で一気に上昇する要求スペック 大きく変化するAI PC時代のPC選び
Microsoftのスペシャルイベントが開催目前に迫っている。次世代のSnapdragon搭載PCを始めとして、“AI PC”の新たな姿が提示されるだろう。(2024/5/20)

AI搭載Surface PCを発表:
Windows Copilotで「働き方の新時代の推進」、Microsoftが語る3つの戦略
Microsoftは2024年3月に開催されたデジタルイベントで、Copilotや新しいSurface for Business、Windows Cloud PCといったデバイスを通して、顧客のビジネス全体で、AIの安全かつ効率的な活用を推進すると発表した。(2024/4/13)

Surfaceライクなビジネス向け12.3型2in1タブレット「VersaPro J タイプVS(VS-L)」を試す
今回はCore i5-1335Uを搭載した5Gモデル「PC-VJT46S4GL」の評価機を入手したのでレビューする。(2024/4/10)

Windowsフロントライン:
Microsoftが提唱する「AI PC」とは何か
Microsoftが、「AI PC」の普及に向けて着々と手を打ちつつある、その具体的な内容を見ていこう。(2024/4/2)

「AI PCで花開く」――インテル、30日31日に表参道で「AI PC Garden」ポップアップイベントを開催
AIアクセラレーション内蔵インテルCore Ultraプロセッサを搭載したAI PCを展示するポップアップイベント「AI PC Garden」をインテルが開催する。AI PCとは何なのか、またガーデンに込められた意味とは?(2024/3/29)

Office付きで約20万円から:
Core Ultra搭載でAI PC化した「Surface Pro 10」「Surface Laptop 6」登場 ただし法人向けモデルのみ
MicrosoftがSurface ProとSurface Laptopの新世代を発表した。ただし、従来とは異なり法人向けモデルのみの発表となり、個人(コンシューマー)向けモデルの登場は未定となっている。(2024/3/22)

Microsoft、法人向けイベントでCopilotと新Surfaceで実現するAI時代のワークスタイルを提案
Microsoftは企業向けイベントで、Copilot活用のためにWinodows 11へのアップデートとWindows 365の活用、“AI搭載の”Surfaceの新モデルを活用するよう呼び掛けた。(2024/3/22)

Microsoft、Copilot搭載の法人向け「Surface Pro 10」と「Surface Laptop 6」発売へ
Microsoftは、法人向けの「Surface Pro 10」と「Surface Laptop 6」を発表した。「ビジネス専用に設計された初のSurface AI PC」と謳う。価格は20万3280円から。(2024/3/22)

Microsoft、3月21日にオンラインイベント開催へ 新Surfaceも発表か
Microsoftは3月21日に「New era of Work」と題するオンラインイベントを開催する。Copilot、Windows、SurfaceでのAIに関する最新情報を提供するとしている。Copilotキー搭載のSurface新モデルも披露されそうだ。(2024/3/8)

「目指せ↑ワンランク上の仕事術」デジモノ探訪記:
35万円切りの2画面ノートPC「ASUS Zenbook Duo」は、デスクトップPCとしても抜群の使い勝手だ
企業や組織のIT部門を支援してきた石黒直樹氏が、実際に使っていて仕事に役立つと思ったものや、これから登場する新製品、新サービスをいち早く試してレビューする連載。(2024/3/4)

Windowsフロントライン:
2024年は「AI PC」の年になることを自ら示すMicrosoft
Windows 10の延長サポートが2025年10月に終了するのを前に、Windows 11移行状況はどうなっているのだろうか。同時に、「AI PC」なる物がどのような影響を与えるのか。その辺りの情報をまとめた。(2024/1/4)

「目指せ↑ワンランク上の仕事術」デジモノ探訪記:
眼精疲労対策、集中力UPには激オススメ! 電子ペーパーディスプレイ「DASUNG253U-F」レビュー
企業や組織のIT部門を支援してきた石黒直樹氏が、実際に使っていて仕事に役立つと思ったものや、これから登場する新製品、新サービスをいち早く試してレビューする連載。(2023/12/27)

「目指せ↑ワンランク上の仕事術」デジモノ探訪記:
「HHKB Studio」は最強のコンパクトキーボード ただし物理キーの少なさに慣れるかが鍵になる
企業や組織のIT部門を支援してきた石黒直樹氏が、実際に使っていて仕事に役立つと思ったものや、これから登場する新製品、新サービスをいち早く試してレビューする連載。(2023/12/5)

セキュリティニュースアラート:
3種類のノートPCでWindows Helloの指紋認証機能のバイパスを確認
Blackwing IntelligenceはWindows Helloのセキュリティ評価を実施し、3種類のノートPCで指紋認証をバイパスできたと報告した。(2023/11/27)

日本マイクロソフト、「Surface Pro 9 WiFiモデル」「Surface Laptop 5」直販価格を値上げ
日本マイクロソフトは、コンシューマー向け「Microsoft Surface」一部製品についてMicrosoft Storeでの販売価格改定を発表した。(2023/9/26)

Windowsフロントライン:
なぜパノス・パネイ氏最高製品責任者が退任に? WindowsとSurfaceの転換期を予感させる、9月のMicrosoftイベントに注目
2023年秋の米Microsoftイベント、とある情報源によれば「AI」にフォーカスを当てることも分かっており、単純なハードウェアのお披露目イベントというよりは、MicrosoftのWindowsを絡めたコンシューマー戦略全般に関するものになりそうだ。(2023/9/20)

PR:プライベートや仕事、学業でPCを長く快適に使いたいなら「メモリ16GB」モデルを選ぶ 人気のSurfaceシリーズで知る、上位モデルの魅力
(2023/9/13)

中古PC活用:
中国発のChrome OS「FydeOS」とは何者か? その実力を探る
もしかするとWindows 11に対応できないため、廃棄を検討しているPCはないだろうか。それなりの性能があるのであれば、廃棄はもったいない。Chrome OSを使うことで、Windows 11に対応できないPCも、十分活用できる可能性があるからだ。Googleが提供しているChrome OS(Chromium OS)「ChromeOS Flex」が有名だが、今回はもう1つのChrome OS「FydeOS」を取り上げる。(2023/9/1)

Surfaceの修理部品、公式ストアで販売 米国、カナダ、フランスから
自身で修理を行うことに抵抗がないユーザーを対象としており、Microsoftは修理ガイドなどをよく確認するように案内している。(2023/6/15)

古田雄介のアキバPick UP!:
1TBの「MP600 MINI」が登場――短基板の1TB M.2 SSDに注目が集まる理由
先週は、M.2 Type 2230サイズのショート基板SSDがCorsairから登場した他、TUF Gaming電源ユニットにも大容量の1200Wモデルが加わるなどの動きが見られた。(2023/6/5)

中小企業でも導入しやすい:
PR:「Microsoft Surface」を1台/1カ月から借りられる! 大塚商会の「たよれーる」サブスクサービスをチェック!
大塚商会が、日本マイクロソフトの「Surfaceシリーズ」を1台/1カ月単位でレンタルできるサービスを開始した。従業員が使うノートPCの調達方法に悩んでいる企業の情報システム担当者にとって朗報ともいえるサービスだが、どのような内容なのだろうか。サクッとチェックしてみよう。(2023/5/22)

「Surface」シリーズは膨大な研究と実験の成果を「シンプルさ」に集約させたデバイスだ 日本マイクロソフトのツアーで感じたこと
日本マイクロソフトが、本社から開発チームを招き同社のSurfaceシリーズについてのこだわりや、設計プロセスなどについて語る「Surface ラボツアー」をメディア関係者に行った。(2023/5/5)

GWが狙い目! ゲームソフトとハードウェアのセールで休日を楽しもう!
日本マイクロソフトの「Surface」シリーズがお安く購入可能。ヨドバシカメラやSteamでもゴールデンウィークセールを開催中。(2023/5/2)

「Arm版Windows 11」でゲームは楽しめる? Steamのタイトルを試して分かったこと
Microsoftの「Windows 開発キット 2023」は、Arm版Windows 11のアプリケーションを開発するためのPC……なのだが、作業の合間にゲームをしたいという人もいるだろう。しかし、ArmアーキテクチャのPC上で、Intelアーキテクチャ向けのゲームタイトルは動くのだろうか……? 「Steam」で購入できるタイトルから、実行できそうなものをいくつか試してみよう。(2023/4/14)

Armベースの「Windows 開発キット 2023」で改めて“ネイティブ対応”の重要さを実感する
MicrosoftがArmネイティブなアプリの開発を促すために販売しているデスクトップPC「Windows 開発キット 2023」。果たして、「開発」ではなく「実用」に耐えうるのだろうか……? この記事では、アドビの写真管理/現像アプリ「Adobe Lightroom」を試してみようと思う。(2023/4/4)

Amazon 4月特選タイムセール:
「Microsoft Surface」が31日限定で最大25%オフ 仕事にも勉強にも趣味にも便利!
Amazon.co.jpの「Amazon 4月特選タイムセール」において「Microsoft Surface」が最大25%引きで販売されている。他のセール商品とは異なり3月31日の“1日限定”なので、気になった人はすぐにチェックしよう。(2023/3/31)

法人PCの購入「ちょっと待って!」:
PR:Surfaceを導入したい情シス担当者に朗報! 気軽に試せる大塚商会の“たよれーる”新サブスクを大公開
(2023/4/20)

ある日のペン・ボード・ガジェット:
最近のSurfaceはお絵描き主用途もいける? プロ絵師が「Surface Pro 9」を試したぞ!
イラストレーター refeiaさんの連載第4弾は、日本マイクロソフトの最新2in1PC「Surface Pro 9」です。最新CPUを備えたSurface Pro 9の書き味はどうでしょうか?(2023/2/28)

日本マイクロソフトが学生向けのSurface特別モデルを販売開始
日本マイクロソフトは、Surfaceシリーズを割引価格で提供する学生向けキャンペーンを開始した。(2023/1/16)

「Arm版Windows 11」を試してみたい! ならMicrosoftの「Windows開発キット 2023」はどう?(前編)
Microsoftが10月24日(米国太平洋時間)にリリースした「Windows 開発キット 2023」は、Armアーキテクチャ向けのWindows 11に対応するPCとしては比較的手頃な価格である。Windowsにおける「非x86CPU」の対応を振り返りつつ、この開発キットがどのようなものなのかチェックしていこう。(2022/12/12)

鈴木淳也の「Windows」フロントライン:
Apple M1/M2対抗の「Oryon」はWindows on Armの流れを変えるか
Qualcommがハワイで「Snapdragon Summit 2022」を開催し、新たなArmプロセッサ「Oryon」について予告を行った。ArmによるQualcommの提訴も含めて考えてみた。(2022/11/18)

Microsoft、「Surface Pro 9」「Surface Laptop 5」「Surface Studio 2+」発表
MicrosoftはSurfaceブランドの新製品「Surface Pro 9」「Surface Laptop 5」「Surface Studio 2+」を発表した。Surface Pro 9には5Gサポートモデルもある。オンラインストアで予約受付中だ。(2022/10/13)

「Surface Pro 9」はIntelモデルとArmモデルの“2本立て” Windows 11 Bloomから着想を得たスペシャルモデルも
キーボード着脱式(デタッチャブル)2in1の定番ともいえる「Surface Pro」に第9世代が登場する。今回は“別系統”扱いだったArmアーキテクチャモデルが「5Gモデル」に、メインストリームであるIntelアーキテクチャモデルが「Wi-Fiモデル」という形で登場することになる。【更新】(2022/10/12)

Windowsフロントライン:
「Microsoft Fall 2022 Event」ではどのようなSurface製品が登場するのか
日本時間の10月12日午後11時から、米Microsoftが「Microsoft Fall 2022 Event」を開催する。そのイベントで一斉に発表されるであろう、同社のSurfaceシリーズに関する情報をまとめた。(2022/10/5)

Microsoft、Surface製品関連オンラインイベントを10月12日に開催
Microsoftは10月12日に「Microsoft Fall 2022 Event」をオンラインで開催すると発表した。Surface端末関連の発表とみられる。開発者向け年次イベント「Microsoft Ignaite」開始の1時間前の予定だ。(2022/9/22)

Windowsフロントライン:
2022年のSurface Proはx86とArmが統合される?
Microsoftのハードウェア製品の発表が近づいている。同社の2in1 PC「Surface」シリーズや、採用するプロセッサの行方はどうなるのか。直近の情報を整理した。(2022/9/8)

ある日のペン・ボード・ガジェット:
ワコムの新開発ペンはWindowsタブの救世主? 絵師目線で「FMV LOOX」をレビュー
イラストレーター refeiaさんの連載第2弾は、Windows搭載タブレットの新モデル「FMV LOOX」です。富士通クライアントコンピューティング(FCCL)が、約11年ぶりに発売したFMV LOOXシリーズの出来栄えは?(2022/9/6)

ふぉーんなハナシ:
Surface Pro X向けのSIMをソフトバンクで発行するも悪戦苦闘したハナシ
ソフトバンク直営店でSurface Pro Xに適したSIMを発行してもらった。店舗から求められたのはIMEIの提示だったが、探すのに悪戦苦闘した。そこでSIMフリーのPCを契約する際、どんなことに気をつけるべきなのか、実体験をもとに調べてみた。(2022/8/29)

PR:IIJmioだけで5回線も 格安SIMの猛者は“複数回線”を何に使っているのか
「IIJmio」ユーザーを対象にした座談会「IIJmioのディープな使い方を語る会」では、参加者の多くが複数回線を使っている。2回線程度なら「メインとサブ」「仕事用とプライベート用」などと想像がつくが、4回線や5回線を持つ参加者も。皆さん、複数回線をどのように活用しているのだろうか。(2022/7/5)

Microsoftが「Windows 11 Build 25145」をDevチャネルで公開 Surface Pro Xの復帰問題を修正
Microsoftが、「Windows 11 Insider Preview Build 25145」をDevチャネルで公開した(2022/6/23)

ノートPCよりタブレットが主力になる可能性 Windowsタブレットはどうなる?
Googleは、今後、PCよりもタブレットが主力になっていくという考えを示しています。こうなってくると気になるのが、Microsoftの対応です。2月にInsider向けにリリースされた「Windows 11 Build 22563」では、タブレットに最適化されたタスクバーが追加されました。(2022/6/22)

Surface Pro Xにおける問題は解消せず:
MicrosoftがWindows 11「Build 25140」をDevチャネルで公開 ユーフェミア書体に新たなグリフを追加
Windows 11 Insider ProgramのDevチャネルに最新のビルドが掲載された。カナダの先住民が使う字体に新たなグリフが追加された一方で、Surface Pro Xで報告されている休止状態に絡む不具合は解消できていない。(2022/6/16)

MicrosoftがArm64にネイティブ対応の「Power Toys」をリリース
米Microsoftが、パワーユーザー向けの公式ユーティリティー群「Power Toys」の最新版v0.59.0をリリースした。(2022/6/9)

One-Netbookが第12世代Core採用2in1 PC「T1」のティーザーサイトを公開 クラウドファンディングを6月9日に開始
中国One-Netbook Technologyが、13型の2in1タブレットPC「T1」のティーザーサイトを公開、6月9日にクラウドファンディングを開始すると発表した。(2022/6/6)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。