ニュース
» 2014年05月22日 19時20分 UPDATE

東芝、“クラウド向け”の3.5インチHDD

「MC04ACA」シリーズは、東芝初の“クラウド向け”HDD。Tバイトあたりの消費電力を低減している。

[ITmedia]
tm_1405mc04aca_01.jpg 東芝「MC04ACA」シリーズ

 東芝は5月22日、同社初のクラウド向け3.5インチHDD「MC04ACA」シリーズを発表した。2014年5月末から量産出荷を開始する。

 6GbpsのSATAインタフェースとアドバンストフォーマットを採用し、年間180Tバイトのデータ転送が可能なことから、クラウドサーバやストレージシステムでのデータ保存に向くとしている。

 容量は2T/3T/4T/5Tバイトを用意。いずれも回転数は7200rpm、バッファは128Mバイトだ。1Tバイトのプラッタを採用し、記録容量あたりの消費電力を低減している。消費電力はリード/ライト時で約11.3ワット、ローパワーアイドル時で6ワット。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう