ニュース
» 2014年06月23日 14時44分 UPDATE

古田雄介のアキバPickUp!:Androidを“DIY”しようぜ――Android 4.2搭載のNano-ITXマザーが登場 (1/4)

Android 4.2インストール済みのNano-ITXマザーボード「NI-R3188」が話題を集めている。自作パソコンで培ったスキルを思い切り投入できる独特の魅力がある。

[古田雄介,ITmedia]

「何に使うかは分からない。けど、面白い」――Giada「NI-R3188」が登場

og_akibarensai_001.jpg Giada「NI-R3188」

 先週登場した新製品の中でも異彩を放っていたのは、GiadaのNano-ITXマザー「NI-R3188」だ。中国RockchipのSoc「RK3188」(CPUは「ARM Cortex-A9 Quad Core/1.6GHz」、GPUは「ARM Mali-400 MP4」)や2Gバイトメモリなどをオンボードで搭載しており、8GバイトのフラッシュメモリにはあらかじめAndroid 4.2がインストールされている。価格は1万5000円弱だ。

 12センチ角の基板内には、ほかにもSDメモリーカードスロットやHDMI 1.4出力、100BASE-TX対応のLAN端子にIEEE802.11b/g/nとBluetoothのアダプタを搭載する。3Gモジュール専用Mini PCI ExpressスロットやSIMカードスロットが用意されているのも特徴だ。4ピンの+12ボルトDC電源、または外部AC電源から給電する仕様で、電源回りとケース、ディスプレイなどをそろえればAndroid端末として利用できる。

 パソコンハウス東映は「オートパワーやタイマーをオン/オフする機能もついていて、デジタルサイネージ用の基板をベースにしているようです。ただ、Android端末としてほかの使い方もいろいろできると思います。どう使うのかは分かりませんが、個人ユーザーに売れていますね」と話していた。

 売れ行きはまずまずの様子だが、Android端末がDIYできるという視点でさらなる進展を期待する声もある。オリオスペックは「がっつりと自作できるという意味で、USB端子に挿してAndroid環境を追加するタイプとは別の可能性を持ったマザーだと思います。何に使うかは分かりませんが、Google Playが用意されているのでいかようにもできますし、アイデア次第で面白いことができそうです」と興味深げだった。

 なお、オリオスペックでは、シーソニックの60ワットACアダプタ「SSA-0601D-12」(5000円前後)からの給電で動作確認したという。プラグ形状は内径2.5/外径5.5ミリだ。

og_akibarensai_002.jpgog_akibarensai_003.jpg NI-R3188のパッケージ(写真=左)。NI-R3188の基板。背面のSDカードスロットは最大32Gバイトまで対応する。USBは2.0タイプが前1+後2で配置されている(写真=右)

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.