ニュース
» 2014年09月01日 16時30分 UPDATE

古田雄介のアキバPickUp!:DDR4が使えるHaswell-E&X99マザーの熱気はどれくらい? (1/4)

新世代のハイエンドPC向けプラットフォーム「LGA 2011-v3」に対応したHaswell-EとX99マザーが一斉に登場した。サポートするDDR4メモリとともに業界注目度は高いが、ユーザーの反響はいかほどか?

[古田雄介&ITmediaアキバ取材班,ITmedia]

枯渇しているのはDDR4メモリ――LGA2011-v3の初動

og_akiba_001.jpg インテル「Core i7-5960X」

 8月30日、LGA 2011の後継となるハイエンドPC向けプラットフォーム「LGA2011-v3」に対応するCPUとマザーボードが一斉に発売された。

 CPUはコードネーム「Haswell-E」に属する3モデルがラインアップされており、8コア16スレッド/標準3.0GHz動作の「Core i7-5960X」が12万円前後、6コア12スレッド/標準3.5GHzの「Core i7-5930K」が6万5000円から6万8000円程度、6コア12スレッド/標準3.3GHz動作の「Core i7-5820K」が4万5000円前後となる。いずれもDDR4メモリをサポートしており、GPU機能は内蔵しない。TDPは140ワットだ。サポートするPCI Expressのレーン数には上位の5960Xと5930Kが40、下位の5820Kは28と違いがある。LGA 2011-v3対応のX99チップセット搭載マザーとの組み合わせが前提で、従来のLGA 2011環境(X79マザー)とは互換性がない。

 3モデルともに複数のショップがまとまった個数を入荷しており、次ページで解説するX99マザーとともに、アキバ全体で十分な数量が出回っている様子だ。TSUKUMO eX.は「初のDDR4対応ということで注目度が高いですが、価格的にもLGA 1150狙いの人が移行するという感じではないですから、購入層はLGA 2011ユーザーそのままという印象です。すると、過去のLGA 2011系のニーズから考えて、初回から潤沢に出回っていると言えると思いますね」と話していた。

og_akiba_002.jpgog_akiba_003.jpg BUY MORE秋葉原本店がプリントしたLGA 2011-v3対応のCore i7価格表(写真=左)。リテールのCPUクーラー「BXTS13A」は別売りとなる。価格は3000円前後(写真=右)

 ただし、潤沢との評価はCPUとX99マザーの話。対応するDDR4メモリは品薄が懸念されており、実際8月30日を前に先行買いするユーザーの姿が各ショップにみられた。先週金曜日の時点で、ADATAやAvexir、クルーシャル、コルセア、G.SKILLなど複数社のDDR4メモリが登場しているが、日曜日までに売り切れて再入荷待ちとなる製品が多かった。

 1人あたりの購入制限を設けて対応しているパソコンショップ・アークは「発売解禁時はハイエンド構成を狙う人が多いので、マザーの8スロットを埋めるべく、DDR4キットはかなりの頻度でまとめ買いされます。CPUやマザーの数倍のストックがないと対応しきれないですが、現在はそこまでの数量が確保できないという状況ですね」と説明する。

 とはいえ、供給不足の解消にはそれほど時間がかからないとの見方が多い。某ショップは「LGA 1150と比べるとパイが小さいですからね。需要自体は年末まで続くと思いますが、ラッシュ的なのはすぐに落ち着くでしょう。DDR4メモリの再入荷も週明けに予定していますし、9月前半には安定するんじゃないでしょうか」という。

og_akiba_004.jpgog_akiba_005.jpg AvexirのDDR4-2400メモリ。8Gバイト×4枚キットが5万8000円前後、4Gバイト×4枚キットが3万3000円弱だ(写真=左)。クルーシャルのDDR4-2133メモリ。8Gバイト×2枚キットが2万5000円前後、4Gバイト×2枚キットが1万4000円前後となる(写真=右)

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.