ニュース
» 2014年09月05日 10時55分 UPDATE

ユニットコム、Office 2013付属で税込み4万円台からの10.1型Windowsタブレット

ユニットコムは、Windows 8.1 with Bingを導入した10.1型タブレットPC「10P1100T-AT-FE」を発売した。

[ITmedia]

 ユニットコムは9月5日、10.1型タブレットPCを発表、本日より順次販売を開始する(USBキーボード付属モデルは9月中旬販売開始の予定)。価格はタブレット単体モデルの「10P1100T-AT-FE」が3万9980円、着脱式USBキーボード付属モデルの「10P1100T-AT-FS」が4万9980円だ(ともに税別)。

photophoto 10P1100T-AT-FE(左)、10P1100T-AT-FS(右)

 1280×800ピクセル表示対応の10.1型ワイド液晶を内蔵するタブレットPCで、CPUとしてAtom Z3745D(1.33GHz)を内蔵。OSとしてWindows 8.1 with Bingを導入したほか、オフィスソフトとして「Office2013 Home & Business」を標準で搭載している。

 メモリは2Gバイト、ストレージはeMMC 64Gバイトを内蔵、IEE802.11b/g/n無線LANも標準で利用可能だ。内蔵バッテリーの駆動時間は6時間40分。本体サイズは258(幅)×173.2(奥行き)×10.8(高さ)ミリ、重量は670グラム。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.