ニュース
» 2014年10月27日 10時54分 UPDATE

UQ、WiMAX 2+の転送速度を最大220Mbpsに向上させる“キャリアアグリゲーション”を来春に導入

UQコミュニケーションズは、WiMAX 2+サービスへのキャリアアグリゲーション技術の導入を発表。来春より実施が開始される。

[ITmedia]

 UQコミュニケーションズは10月27日、同社提供の「WiMAX 2+」サービスにキャリアアグリゲーション技術を導入すると発表、来春より下り最大220Mbpsのサービス提供を順次開始する。サービスエリアの計画、および220Mbps対応端末の提供などについては、後日改めて発表される予定だ。

 キャリアアグリゲーションは、複数の電波を同時に利用可能とするデータ転送技術で、導入により転送速度を現在の下り最大110Mbpsから下り最大220Mbpsに倍増することが可能となる。

 なおこれにともない、WiMAXサービスの下り最大40Mbpsエリアは、来春より順次下り最大13.3Mbpsエリアに切り替わる。


 またUQコミュニケーションズは、WiMAXユーザー向けとなるWiMAX 2+乗り換えキャンペーン「WiMAX 2+ 史上最大のタダ替え大作戦」を発表、2014年11月1日に提供を開始する。

 WiMAXサービス契約中のユーザーが対象となるキャンペーン。2年間、WiMAX 2+サービスを月額3696円で利用することが可能で、契約解除料/登録料/端末代金は無料となる。

photo

 キャンペーンの詳細は特設ページを参照のこと

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.