ニュース
» 2014年11月20日 12時01分 UPDATE

ドスパラ、5万円台からの14型スタンダードノート「Critea VH-AD」

サードウェーブデジノスは、14型ワイド液晶を搭載するスタンダードPC「Critea VH-AD」の販売を開始した。

[ITmedia]
photo Critea VH-AD

 サードウェーブデジノスは11月20日、14型ワイド液晶を搭載するスタンダードPC「Critea VH-AD」を発表、本日より販売を開始した。

 1366×768ピクセル表示対応の14型ワイド液晶を内蔵したノートPC。製品ラインアップは搭載CPU/メモリの差異により、Celeron 2950M/メモリ4Gバイト搭載の「最小構成モデル」、Core i3-4100M/メモリ8Gバイト搭載の「Core i3搭載モデル」、Core i7-4712MQ/メモリ8Gバイト搭載の「Core i7搭載モデル」の3タイプを用意した。

 いずれもストレージは500GバイトHDD、光学ドライブはDVDスーパーマルチドライブを内蔵。ほかIEEE802.11b/g/n無線LAN、ギガビット有線LAN、Bluetooth 4.0+HSなども利用可能だ。OSはWindows 8.1を導入(Windows 7も選択可能)。標準構成価格は最小構成モデルが5万4980円、Core i3搭載モデルが6万7980円、Core i7搭載モデルが8万6980円(いずれも税別)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう