ニュース
» 2014年11月28日 13時51分 UPDATE

アユート、miniPCIeーPCIe x1変換アダプタなど“用途限定”変換カード4種類を発売

アユートは、mini PCIeスロットでPCIeカードを3枚利用可能にする変換基板「PM-MPCIE1T3」など計4製品を発表した。

[ITmedia]

 アユートは11月28日、変換基板シリーズ計4製品「PM-MPCIE1T3」「PM-PCIE1T1」「PM-PCIE16R」「PM-PCIE4M2S」を発表、本日より販売を開始する。

photophoto PM-MPCIE1T3(左)、PM-PCIE1T1(右)

 PM-MPCIE1T3は、マザーボード上のminiPCIeスロットからPCI Express x1スロット×3基を利用可能にする変換アダプタ。カード側には別途電源の供給が必要になる。予想実売価格は6980円(税込み、以下同様)。

 PM-PCIE1T1は、PCI Express x1スロットにPCI Express x16カードを外付け装着可能にする延長アダプタ基板で、付属ケーブルにより50センチ離れた場所にカードを置くことが可能だ(別途電源の供給は必要)。なお転送速度はPCI Express x1側の速度となる。実売価格は1980円。

photophoto PM-PCIE16R(左)、PM-PCIE4M2S(右)

 PM-PCIE16Rは、PCI Express x16スロットに装着できるライザーカードで、カードの向きを90度傾けた状態での装着が可能になる。実売価格は1480円。

 PM-PCIE4M2Sは、PCI Express x4(ないしx2)接続対応の変換基板で、M.2 SSD(PCIeモデル)を1基装着することが可能だ。またこれとは独立して、さらにM.2 SSD(SATAモデル)をSATA接続に変換することもできる。実売価格は2980円だ。

関連キーワード

アユート | PCI Express | 変換アダプタ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう