ニュース
» 2014年12月19日 13時51分 UPDATE

アーキサイト、磨耗に強い“2色成型”キーキャップを採用したCherry MXキー採用キーボード「ProgresTouch RETRO」

アーキサイトは、Cherry MXキースイッチを採用するメカニカルキーボード「ProgresTouch RETRO」シリーズを発表した。

[ITmedia]

 アーキサイトは12月19日、Cherry MXキースイッチを採用するメカニカルキーボード「ProgresTouch RETRO」シリーズを発表、12月下旬より販売を開始する。キー軸の種類(黒軸/茶軸/青軸/赤軸の4種)とキートップ表記(かな有り/かな無し)の差異で計8バリエーションをラインアップ。価格はオープン、予想実売価格はいずれも1万1980円だ(税込み)。

photophoto ProgresTouch RETROシリーズ(左)、キーキャップ裏側の様子(右)

 キースイッチとしてCherry MXキーを採用したUSB接続対応のメカニカルキーボード。2色成型キーキャップを用いたモデルで、磨耗で刻印が薄れることがないほか、標準的なキーキャップより厚みがあることで安定した打鍵感も得られる、としている。

 キーレアイアウトは日本語108キー配列を採用、Nキーロールオーバー(USB接続時は最大6キーまで)にも対応した。付属アダプタによりPS/2接続にも対応する。本体サイズは440(幅)×140(奥行き)×28〜37(高さ)ミリ(スタンド含まず)、重量は1.16キロ。

関連キーワード

アーキサイト | キーボード | Cherry


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.