ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  C

  • 関連の記事

「Cherry」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Cherry」に関する情報が集まったページです。

ASUS、高速ポーリングレートを実現したUSB有線メカニカルゲーミングキーボード
ASUS JAPANは、独自開発のメカニカルキースイッチを採用したUSB有線ゲーミングキーボード「ROG STRIX FLARE II」「ROG STRIX FLARE II ANIMATE」を発表した。(2022/5/20)

古田雄介のアキバPick UP!:
Radeon RX 6400カードが登場! ロープロ&1スロットモデルが人気
2万円台で買える「Radeon RX 6400」カードが各社から登場した。ニッチな需要ではあるが、まずまずの滑り出しを見せているという。(2022/4/25)

古田雄介の週末アキバ速報:
人気マザー「Z690 Taichi」にRazerエディションが追加
マザーボードの新製品として、「Z690 Taichi Razer Edition」が目立っていた。マシン内部までRazerカラーで染めたい人に注目されているという。(2022/4/16)

ロジクールのワイヤレス約60%キーボード最新2モデルをチェックした
ロジクールの新USBレシーバー「Logi Bolt」に対応した、無線タイプの約60%キーボード2モデルをチェックしてみた。(2022/3/29)

コペックジャパン、Keychron製スリム75%キーボード「Keychron K3 V2」の取り扱いを開始
コペックジャパン、Keychron製のワイヤレスメカニカルキーボード「Keychron K3 V2」の取り扱いを発表した。(2022/3/15)

Cooler Master、有線/無線接続に両対応した65%レイアウト採用コンパクトキーボード
Cooler Masterは、コンパクトは65%レイアウトを採用したメカニカルキーボード「CK721 Grey」「同 White」を発表した。(2022/2/14)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
買ったけど使わなくなったガジェットってどんなもの? IT系編集者2人の場合
巷では「買ってよかったモノ」といった記事はたくさんみかけるものの、「買ったけど使わなくなったモノ」という記事はあまり見かけない。そこで、編集者2人が2021年に買ったけど使わなくなったものを紹介する。(2022/1/14)

マウスコンピューター×オプテージ:
PR:快適ゲーミングPC&デバイスを定額利用! 3年で最新デバイスに乗り換えもできるサービス「Gaming Neo」の魅力
PCでゲームを満喫したいけど、ゲーミングPCは高価でなかなか踏ん切りが付かない……。そのような悩みを抱えている人にお勧めなのが、オプテージの「定額ゲーミングデバイス(Gaming Neo)」だ。サービスの内容を細かくチェックしよう。(2022/1/12)

ハロー、自作キーボードワールド 第11回:
4万円の自作キーボード1000台が1分で即完売 世界的に注目浴びる日本の開発者
日本発のキーボード設計者であり、今やキーボードの予約ページを立ち上げるたびに世界中から数千台の予約が殺到する、売れっ子デザイナーai03さん。作り出した背景やこだわり、今後のトレンドを聞く。(2021/12/30)

PowerColor、US配列採用のコンパクトゲーミングキーボード
CFD販売は、PowerColorとDuckyのコラボレーションモデルとなる小型ゲーミングキーボード「One 2 SF」の取り扱いを発表した。(2021/12/15)

古田雄介のアキバPick UP!:
DDR5枯渇でも即売れの「ROG MAXIMUS Z690 EXTREME」がデビュー!
第12世代Core iシリーズ向けマザーボードにおいて、最上位クラスに属するモデルが続々とデビューした。一方で1万円を切る個性派ケースや戦略的な価格のメカニカルキーボードも登場し、売り場を盛り上げている。(2021/11/29)

Cooler Master、アルミ筐体を採用した日本語配列メカニカルゲーミングキーボード
Cooler Masterは、シンプルなアルミ製ボディーを採用するメカニカルゲーミングキーボード「CK352」を発表した。(2021/11/22)

これを待っていた! 小型キーボードの決定版「Keychron K2」を試す
Keychronが製造し、日本ではコペックジャパンが販売する「Keychron K2 ワイヤレス・メカニカルキーボード」は、いわゆる「60%キーボード」では省略されがちなファンクションキーや機能キーを省かず備えた「75%キーボード」だ。ともすると長期間に渡りそうな「修行」をすることなく快適に使える小型キーボードを探しているなら、最良の選択肢の1つとなりそうだ。(2021/11/19)

アーキサイト、台湾Mistel製の左右分割キーボード「MD770」日本語配列モデルを発売
アーキサイトは、台湾Mistelブランド製となる左右分割キーボード「MD770 JP」の取り扱いを発表した。(2021/11/18)

「左右分離型キーボード」に待望の日本語配列モデルが登場 肩や腕を広げた楽な姿勢でタイピングが可能に
待ってた!(2021/11/18)

分かりにくいけれど面白いモノたち:
大人のボールペンは300円台で 低重心・スタビライザー機構を備えた三菱鉛筆「ユニボールワンF」の凄さ
100円のボールペンに飽き足りない、高機能な使い心地を求めるユーザーが増えているという。そんな中投入された330円の製品がすごいのだ。(2021/10/30)

ロジクール、ポップカラーのタイプライター風メカニカルキーボード「POP KEY」と「POPマウス」を発売
ロジクールは、タイプライター風のデザイン筐体を採用したメカニカルキーボード「POP KEYS メカニカルワイヤレスキーボード」を発表した。(2021/10/28)

ダイヤテック、重量4.4kgの総ステンレス設計メカニカルキーボード
ダイヤテックは、“FILCO”キーボード30周年を記念した総ステンレス設計のメカニカルキーボード「Majestouch 2S Metal SUS」を発売する。(2021/9/29)

日本HPがゲーミングノートPCの新モデルを発表 新ブランド「Victus(ヴィクタス)」も旗揚げ
日本HPがゲーミングノートPCの新モデルを発表した。これに合わせて、よりカジュアルなゲーミングブランドとして「Victus(ヴィクタス) by HP」も立ち上げる。(2021/9/9)

使い方自由自在! テンキーの取り外しができるゲーミングキーボード「ROG Claymore II」を試す
ASUSのゲーミングキーボード「ROG Claymore II」は、テンキーを自由に着脱できることが大きな特徴だ。先代からキースイッチを変更した他、ワイヤレス利用にも対応している。その実態に迫ってみよう。(2021/9/8)

オウルテック、Cherry MXキー採用のメカニカルキーボード 青軸/茶軸/静音赤軸の3モデル
オウルテックは、メカニカルキースイッチを採用した日本語配列USBキーボード計3製品を発売する。(2021/9/2)

コペックジャパン「Keychron K2 ワイヤレス・メカニカルキーボード」を発売
コペックジャパンは、「Keychron(キークロン)K2 ワイヤレス・メカニカルキーボード」(以下、Keychron K2)を発売した。(2021/8/12)

高機能エルゴノミクスキーボード「Kinesis Advantage2」の進化がすごかった
約4万5000円を投じて高級キーボードを使う意味は?(2021/3/29)

AOC、最大解像度5000DPIのゲーミングマウス「GM500」など2製品
MMD Singaporeは、AOCブランド製のUSBゲーミングマウス「GM500」など計2製品の取り扱いを開始する。(2021/1/25)

ハロー、自作キーボードワールド 第10回:
自作キーボードの「ココが楽しい!」 打ち心地から利便性まで“うれしさ”を一挙紹介【動画あり】
自作キーボード「Ergo42」の作者であるびあっこ氏が、動画も交えて自作キーボードを使うメリットを各側面から解説する。(2021/1/20)

CORSAIR、赤色発光ギミックを備えたメカニカルゲーミングキーボード
アスクは、米CORSAIR製メカニカルゲーミングキーボード「K60 PRO」の取り扱いを開始する。(2020/12/18)

ダイヤテック、メカニカルキーボード「Majestouch」に光る“ドクロ柄”モデルなど2タイプを追加
ダイヤテックは、同社製メカニカルキーボード「Majestouch」シリーズのラインアップにバリエーション構成モデルを追加した。(2020/12/16)

Fnatic Gear、ゲーミングキーボード「miniSTREAK」に日本語配列モデルを追加
アスクは、Fnatic Gear製ゲーミングキーボード「miniSTREAK」の販売ラインアップに日本語配列モデル計3製品を追加する。(2020/10/12)

古田雄介のアキバPick UP!:
連続読み出し毎秒7000MBのPCIe 4.0 M.2 SSD「980 PRO」がデビュー
PCIe 4.0に対応するサムスンのM.2 NVMe SSD「980 PRO」が売り出され、そのスピードに注目が集まっている。また、Antecの高級キロワット電源やRazerのワイヤレスキーボードも登場した。(2020/10/5)

ダイヤテック、小型メカニカルキーボード「MINILA-R-Convertible」に黒軸モデルなどを追加
ダイヤテックは、同社製の小型メカニカルキーボード「Majestouch MINILA-R-Convertible」シリーズのラインアップ拡充を発表した。(2020/10/1)

日本HP、Core i9+RTX 2080 Tiの搭載にも対応した新ボディー採用ゲーミングデスクトップ(後日RTX 30も選択可)
日本HPは、新デザイン筐体を採用したゲーミングデスクトップPC「OMEN 25L Desktop」「OMEN 30L Desktop」の発表を行った。(2020/9/16)

ダイヤテック、Bluetooth接続にも対応した小型メカニカルキーボード「MINILA-R Convertible」
ダイヤテックは、Bluetooth接続およびUSB有線接続に両対応した小型メカニカルキーボード「Majestouch MINILA-R Convertible」を発表した。(2020/7/30)

“マツコ”も紹介した「自作キーボード」 はんだ付け不要な初心者向けキットはどれ?
テレビの放送などをきっかけに自作キーボードに興味を持った人に向けて、初心者でも比較的簡単に組み立てられる自作キーボードキットを紹介する。(2020/7/22)

古田雄介のアキバPick UP!:
ポインティングスティック付きのメカニカルキーボードが登場!
Bキーの直上、GキーとHキーの下にポインティングスティックを搭載した「Quattro TKL」が店頭に並び、ThinkPadファンを中心に話題を呼んでいる。(2020/7/20)

アーキサイト、手元でマウス操作ができる“赤ポッチ”付きのメカニカルキーボードを発売
アーキサイトは、マウスを用いずポインタ操作ができる「ポインティングスティック」を搭載したメカニカルキーボード「Quattro TKL」を発売する。(2020/7/17)

ダイヤテック、「Majestouch 2」の国内未発売“ピンク”モデルを限定販売
ダイヤテックは、同社製メカニカルキーボード「Majestouch 2」のピンクモデルを数量限定で発売する。(2020/7/16)

ハロー、自作キーボードワールド 第5回:
見た目、打鍵感、職人技──シンプルそうで奥深いキーボードの「キーキャップ」を深堀り
PC用キーボードの見た目のほとんどを占める「キーキャップ」。見た目ももちろん大事だが、実はキーキャップにもこだわりどころはいろいろある。最近はキーキャップ自作の動きも。その魅力を見ていこう。(2020/6/5)

配列も配置も自由自在──“無限の組み合わせ”が試せるキーボード「DUMANG DK6 Mini」レビュー
(2020/5/1)

恵安、カラー発光ギミックを備えた青軸キー採用ゲーミングキーボード
恵安は、USB接続対応メカニカルゲーミングキーボード「GX-KB01K-BRGB」を発表した。(2020/4/28)

ハロー、自作キーボードワールド 第4回:
「青軸」「茶軸」だけじゃない 自作キーボードで多様な進化を遂げた「互換キースイッチ」たちとその先にある改造の“沼”
キーボードの打鍵感の要となる「キースイッチ」が、自作キーボードの世界で多様な進化を遂げていることを今回は紹介していく。(2020/4/4)

ハロー、自作キーボードワールド 第3回:
「メンブレン」「静電容量無接点」「メカニカル」──なぜキーボードはキーを入力できるのか 打鍵感の要「キースイッチ」のキホン
今回はキースイッチの入力方式の大まかな分類と、その中でも自作キーボードでメインの話題となる「メカニカル方式」の概要についてお伝えしていく。(2020/4/2)

エイサー、7ボタン搭載ゲーミングマウス「Predator Cestus 330」など6製品
日本エイサーは、同社ゲーミングブランド“Predator”シリーズからゲーミングマウス/ヘッドセットなど計6製品を発売した。(2020/2/5)

左右分割デザインのメカニカルキーボード「Barocco」新モデルが発売
アーキサイトは、台湾Mistel Keyboard製の左右分割型キーボード「Barocco MD770」「同 MD770RGB」の取り扱いを開始する。(2020/1/30)

キーを自由に再配置できる左右分離型メカニカルキーボード、秋月電子で発売
秋月電子で、キーを物理的に自由に再配置できる左右分離型のメカニカルキーボード「DUMANGキーボード」の取り扱いが始まった。価格は2万3990円(税込)。(2020/1/28)

ハロー、自作キーボードワールド 第2回:
こっちの沼は深いぞ、自作キーボード組み立て入門 左右分離型の「Corne Cherry」で各工程を解説
今回は実際に自作キーボードを1台組み立てることで、組み立ての流れや各パーツの役割などを紹介していく。組み立てに選んだのは、左右分離型でコンパクトなキーボード「Corne Cherry」。(2019/11/28)

センチュリー、フレームレスデザイン採用で薄型コンパクトなゲーミングキーボード
センチュリーは、薄型コンパクト設計のメカニカルゲーミングキーボード「Flat 60 RGB」の取り扱いを開始する。(2019/10/21)

ビット・トレード・ワン、「自作キーボードワークショップ」第2回目を開催 11月3日
ビット・トレード・ワンは、自作キーボード組み立て講座「自作キーボードワークショップ」の開催を発表した。(2019/10/11)

タイプライター風デザインのメカニカルキーボード
ドスパラは、タイプライター風のレトロデザインを採用したメカニカルキーボード「DN-915889」を発売した。(2019/10/4)

ADATA、Cherry MXキー採用のゲーミングキーボード「XPG SUMMONER」
エイデータテクノロジージャパンは、Cherry MXキースイッチを採用したメカニカルゲーミングキーボード「XPG SUMMONER」シリーズを発表した。(2019/9/19)

気になる新製品やイベントを幕張メッセでチェックしてきた――東京ゲームショウ2019まとめ
9月13日〜16日にかけて、幕張メッセで開催された「東京ゲームショウ2019」。国内外からさまざまな入場者と出展社でにぎわったイベントを振り返る。(2019/9/18)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。