ニュース
» 2014年12月29日 18時19分 UPDATE

古田雄介のアキバPickUp!:「今年もやります。が……」――盛り上がる福袋の一抹の懸念 (1/4)

年の瀬が迫り、各ショップの年末年始のセールや営業時間が見えてきた。年初に訪れるなら各店恒例の福袋もマナーを守って楽しみにしたいところ。

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]

PCパーツショップの年末年始営業と福袋系事情

 年末年始の営業時間や休業はショップによって異なる。主な店舗の状況をまとめた。昨年と同じく、元旦付近も営業時間を短縮してシャッターを開けるショップが増えており、年末年始に街を訪れても複数店をまわってじっくり買い物できそうだ。

店名 12月30日 12月31日 1月1日 1月2日 1月3日 1月4日 1月5日
TSUKUMO eX. 10:00〜22:00 10:00〜20:00 休み 10:00〜21:00 10:00〜22:00 10:00〜22:00 10:00〜22:00
ツクモ パソコン本店/II/III 10:00〜22:00 10:00〜20:00 休み 10:00〜21:00 10:00〜22:00 10:00〜22:00 10:00〜22:00
ツクモ DOS/Vパソコン館 10:00〜22:00 10:00〜20:00 休み 10:00〜21:00 10:00〜22:00 10:00〜22:00 10:00〜22:00
パソコンSHOPアーク 11:00〜20:00 11:00〜18:00 休み 休み 10:00〜12:00 10:30〜19:00 10:30〜19:00
ZOA秋葉原本店 10:30〜19:30 10:30〜18:30 10:00〜19:00 10:00〜19:00 10:00〜19:00 10:00〜19:00 10:30〜19:30
BUY MORE秋葉原本店 11:30〜20:30 11:00〜18:00 11:00〜18:00 11:00〜20:00 11:00〜20:00 11:00〜20:00 11:30〜20:30
G-Tune:Garage 秋葉原店 11:00〜19:30 11:00〜17:00 11:00〜17:00 11:00〜17:00 11:00〜19:30 11:00〜19:30 11:00〜19:30
マウスコンピューター秋葉原ダイレクトショップ 11:00〜19:30 11:00〜17:00 休み 11:00〜17:00 11:00〜19:30 11:00〜19:30 11:00〜19:30
ソフマップ秋葉原本館 10:00〜21:00 10:00〜20:00 10:00〜20:00 10:00〜21:00 10:00〜21:00 10:00〜21:00 11:00〜21:00
ソフマップ 秋葉原リユース総合館 10:00〜20:00 10:00〜20:00 10:00〜20:00 10:00〜20:00 10:00〜20:00 10:00〜20:00 11:00〜20:00
ドスパラ秋葉原本店 11:00〜20:00 11:00〜20:00 11:00〜18:00 11:00〜20:00 11:00〜20:00 11:00〜20:00 11:00〜20:00
ドスパラ パーツ館 11:00〜20:00 11:00〜20:00 11:00〜18:00 11:00〜20:00 11:00〜20:00 11:00〜20:00 11:00〜20:00
テクノハウス東映 11:00〜20:00 11:00〜17:30 休み 12:00〜18:00 12:00〜20:00 11:00〜20:00 11:00〜20:00
パソコンハウス東映 11:00〜20:00 11:00〜17:30 休み 12:00〜18:00 12:00〜20:00 11:00〜20:00 11:00〜20:00
東映ランド 11:00〜20:00 11:00〜17:30 休み 12:00〜18:00 12:00〜20:00 11:00〜20:00 11:00〜20:00
オリオスペック 休み 休み 休み 休み 休み 休み 11:00〜20:00

 年初に福袋の販売を予定しているショップも多い。BUY MORE秋葉原本店含むユニットコム系列のように福袋の中身をWEBで公開しているところもあれば、「これから作るので、各フロアでどんなものができるのか謎です」(TSUKUMO eX.)と、売り場単位でこれから作るというところもある。

og_akiba_001.jpg ユニットコム系列の福袋情報。5万5000円のCore i5マシン組み立てキット福袋など高額なものも用意している

 人気の福袋は開店前の行列を生むが、複数のショップに話を聞くと、反響の大きさを期待すると同時に懸念を口にする店員さんが意外と多かった。

 某ショップは「福袋をその場で開けて箱や袋をポイ捨てする人や、福袋なのに中身を交換してくれと言い寄る人もいますからね。数年前に比べると、色々なことに気をつけなくちゃいけなくなった感はあります」ともらす。

 毎年ジャンク系福袋「パンドラの箱」を販売しているパソコンSHOPアークも、年々大きくなる反響への対応策に悩み、販売するルールの調整に時間がかかったと明かす。「ウチと同じく“ネタ枠”の福袋『不幸袋』を販売していたクレバリーさんが2012年にいなくなったこともあり、2013年からググンと大きな反響をいただくようになりました。その反響に対応しきれずお客さんや周囲の方に迷惑をかけたりしたので、見合わせも含めて検討しました」という。

 実際、2013年時に近隣住民から苦情が入ったため、2014年時は告知ブログに、今回は「徹夜で並ぶ」「騒ぐ」等の行為はご遠慮ください」と明記していた。しかし、それでも十数名の徹夜組が現れてしまい、ルールを守ったユーザーからの反発も起きた。

 同年も行列を作る必要がなくなるように抽選販売方式を導入したが、2015年はその周知を徹底。同日7時に購入する順番を決める抽選くじを実施すると、告知ブログに明記し、徹夜で並ぶ意味がないことを伝えている。

 当然ながら、早朝に並ぶ場合も近隣の迷惑にならないように振る舞う必要がある。一部の人が常識を破ることで、大勢の人が楽しめるイベントが失われたり縮小したりする例はこの街でも何度も起きている。2016年も2017年も楽しめるように、節度を守って楽しみたい。

og_akiba_002.jpg パソコンSHOPアークの「パンドラの箱2015」告知ブログ

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.