ニュース
» 2015年01月06日 10時00分 UPDATE

27型2560×1440ピクセルの大画面液晶ペンタブ:ワコム、液晶ペンタブレットの最上位モデル「Cintiq 27QHD」を発表

ワコムからCintiqの新フラッグシップモデル「Cintiq 27QHD」が登場した。Cintiq 24HDのボディサイズをそのままに27型(2560×1440ピクセル)の大画面液晶を搭載。

[ITmedia]

 ワコムは1月6日、液晶ペンタブレット「Cintiq」シリーズの最上位モデルとして、27型サイズの「27QHD」(ペンモデル)と「27QHD touch」(ペン&タッチモデル)を発表した。価格は順に26万8000円と31万8000円(ワコムストア価格/ともに税抜き)。2月発売予定だ。

og_news_27qhd_001.jpg Cintiq 27QHD

 従来の最上位モデルである「Cintiq 24HD」のボディサイズをほぼ維持しつつ、より広く、解像度の高い27型ワイド液晶ディスプレイ(2560×1440ピクセル)を備えたのが最大の特徴だ。また、これまでベゼル部分に内蔵していたファンクションキーを分離し、フラットな全面ガラススクリーンにマグネットで着脱できるExpressKey Remoteを採用した。色域はAdobe RGBカバー率97%をうたうほか、X-rite社製のカラーキャリブレーションをオプション品として用意する(2万9800円予定/税抜き)。

 映像入力はDisplayPortおよびHDMI(HDCP対応)。読み取り可能範囲は596.7×335.6ミリで、分解能は0.005ミリ、傾き検出は±60段階となっている。本体サイズは770(幅)×465(奥行き)×54.5(高さ)ミリ。スタンドが分離したことで本体重量は約9キロと大幅に軽減された(関連レビュー:大きいことはいいことなのか!?:ワコムの最新液晶ペンタブ「Cintiq 27QHD」を漫画家が使う)。

og_news_27qhd_000.jpg Cintiq 24HDとのスペック比較

og_news_27qhd_002.jpgog_news_27qhd_003.jpg 傾斜角度は5度と20度の2段階で調整できる

og_news_27qhd_004.jpgog_news_27qhd_005.jpg オプションで用意される「Cintiq Ergo Stand」の装着イメージ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.