ニュース
» 2015年01月13日 11時37分 UPDATE

古田雄介のアキバPickUp!:連結可能なキューブ型ケースが近日登場! (1/4)

1月末に登場予定のmicro ATXタイプのキューブ型ケース「Core V21」がオリオスペックで展示中だ。ほかにもソフト素材の3Dプリンタ用フィラメントが登場するなど、年初から楽しみを広げる製品がショップを賑わせている。

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]

「3個4個と積み上げることも」――Core V21の展示が始まる

 オリオスペックの店内で目立っていたのは、サーマルテイクのmicro ATXケース「Core V21」だ。上下左右のパネルが付け替えられるキューブ型のケースで、2台を連結させて使うこともできる。本体サイズは320(幅)×424(奥行き)×336(高さ)ミリ。ATX電源や最大3台の3.5インチドライブ、最大6台の2.5インチドライブが搭載可能だ。1月末に登場予定の新製品で、価格は未定。先行してデモ機が展示されている。

og_akiba_001.jpg オリオスペックで展示されている「Core V21」

og_akiba_002.jpg 上下左右のパネルを外して、それぞれ自由に付け替えられる。前面も着脱可能だ

 同店は「連結すると2段ぶち抜きにできるので、長めのラジエーターを内蔵して、上段にマザー、下段にドライブ類と電源といった構成でタワーケースとして使えます。構造的には3個4個の連結も可能なので、複数台のマシンを同居させる構成もやろうと思えばいけるでしょう。単体でも好みの向きにカスタムできますし、かなり自由度が高いケースだと思います」と面白がっていた。頃合いを見て2段ぶち抜きの水冷マシンを組み込む予定だという。

 なお、展示機を見に行くなら、同店の3Dプリンタコーナーに置かれていた新素材のフィラメントもチェックしておきたい。半透明素材「PETG/T-Glass 1.75mm 1Kg Filament」と、伸縮性のある柔軟な「Flexible Soft filament 1.75mm 1Kg」で、いずれも8424円だ。「出力できる素材の幅を広げてくれる期待の製品ですね。こういうフィラメントがあるなら……と創作意欲をかき立てる人が出てくるのではと考えています」と話す。

og_akiba_003.jpg 半透明フィラメントで作ったコップ。赤と緑、無色の3種類が売られている

og_akiba_004.jpg ソフトなフィラメントで出力しているところ。完成品は3Dプリンタ周辺に置かれており、自由に触れる

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.