ニュース
» 2015年01月16日 09時00分 UPDATE

動画で360度チェック:ASUSの2in1 PC「TransBook T100TAM」を動画でチェック――分解からSSDの換装も

ASUSの2in1 PC「TransBook T100TAM」は、小型かつ安価ながらバランスの取れたスペックを備えているのが特徴だ。

[田中宏昌,ITmedia]

 ASUSTeK Computer(ASUS)の「TransBook T100TAM」は、10.1型のWindowsタブレットとキーボードドッグがセットになった2in1 PCだ。通常、低価格Windowsタブレットだとスペックが貧弱なモデルが多いが、本機はタブレットのストレージに64GバイトのeMMC、キーボードドッグに500GバイトのHDDを内蔵しており、ノートPCのようにも利用できるのがポイントだ。PowerPointまで付いたOffice Home & Business 2013もプリインストール済みで、実売5万円代後半と比較的安価に購入できるのもうれしい。

 タブレットとキーボードドッグ装着時の駆動時間は約7.2時間、タブレット単体では約9.6時間とバッテリー駆動も長く、タッチ操作に対応した左右約170度の広視野角IPSパネルの視認性も良好だ。

 1月18日まで、microSDXCカードがもらえる「microSDXCカード 64GBが絶対もらえるキャンペーン」を展開中なので、気になる人は是非チェックしてほしい。

ht_as01.jpg CPUはAtom Z3775(1.46GHz/最大2.39GHz)、メモリは2Gバイトを搭載。無線機能は、IEEE802.11a/b/g/nとBluetooth 4.0を内蔵する。
ht_as02.jpg キーボードドッグは500GバイトのHDDとUSB 3.0の端子を1基備えており、バッテリーは内蔵しない

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう