ニュース
» 2015年01月19日 15時12分 UPDATE

富士通、ドライバーの“眠気”を検知できる運輸業向けウェアラブルセンサー「FEELythm」

富士通は、ドライバーの眠気を検知できるウェアラブルセンサー「FEELythm」を発表。運行管理者への通知機能も備えている。

[ITmedia]
photo FEELythm本体(左)、レシーバー(右)

 富士通は1月19日、ドライバーの眠気を検知できるウェアラブルセンサー「FEELythm」を発表、運輸業向けに2月より販売を開始する(出荷開始時期は3月の予定)。販売価格はシステムごとの個別見積もりとなる。

 バスやトラック、タクシーなど各種運輸業での導入に向くドライバー用のウェアラブルセンサーで、ドライバーの耳に装着したセンサーから取得した脈波情報などから“眠気状態”を検知し、本人および運行管理者へ通知を行うことができる。センサーユニットは、業務で使いやすい約90グラムの軽量設計で、5日間の連続使用が可能なバッテリーを内蔵している。

photo 運行管理システムとの連携イメージ図

関連キーワード

ウェアラブル | 富士通 | 管理者 | 業務


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.