ニュース
» 2015年01月19日 15時44分 UPDATE

富士通、“サイバー攻撃に遭いやすいユーザー”を判定できる技術を開発

富士通と富士通研究所は、サイバー攻撃に遭いやすいユーザーをPC操作上の行動から判定できる新技術を開発したと発表した。

[ITmedia]

 富士通と富士通研究所は1月19日、サイバー攻撃に遭いやすいユーザーをPC操作上の行動から判定できる新技術を開発したと発表した。技術の詳細は、1月20日より開催される「2015年 暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS2015)」にて発表される予定だ。

 今回発表となった技術は、事前に実施された心理特性の分析(約2000人のアンケートによる)と、同社社員を対象に行われたアンケート/行動ログ調査を基にしたもので、ユーザーの心理特性とPCの操作行動とを加味することでリスクのあるユーザーを特定することを可能とした。

 この技術の導入により、個人や組織のセキュリティリスクの可視化や、ユーザーのリテラシー向上などの予防的なセキュリティ対策を行うことができる。

 今後、検知精度の向上などを行うとともに2016年の実用化を目指す、としている。

photo

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.