連載
» 2015年01月21日 16時00分 UPDATE

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:今夜の「Windows 10」発表イベントで何が明らかになる?――Webキャスト中継あり (1/2)

日本時間の1月22日午前2時、米Microsoft本社でWindows 10の今後について紹介する報道関係向けイベントが開催される。サティア・ナデラCEOやXboxの開発リーダーも登壇し、昨年9月のWindows 10発表時より大規模なものになりそうだ。

[鈴木淳也(Junya Suzuki),ITmedia]

 米国時間(米太平洋時間:PST)で1月21日午前9時、米ワシントン州レドモンドにある米Microsoft本社キャンパスで次期OS「Windows 10」の今後について紹介するプレスイベント「Windows 10: The Next Chapter」が開催される。日本では1月22日午前2時と深夜になるが、Webキャストによる中継を視聴できる。今回は、ここで発表されるとみられる事項を整理してみよう。

tm_1413win10_2_01.jpg 日本時間の1月22日午前2時に開催される「Windows 10: The Next Chapter」イベントの模様は、Webキャストで視聴できる

「Windows 10 Consumer Preview」は登場するのか?

 現在、Windows Insider Programのもとで企業ユーザーや開発者などPCエキスパートを対象にした「Windows 10 Technical Preview(TP)」が提供されている。本連載でも紹介したように、これはほぼ毎月ペースで最新ビルドが配布されるβ版ソフトウェアだ。10月に最初のWindows 10 TPが公開されてから、すでに2回のアップデートが行われ、現在“公式に”入手可能な最新ビルドは「Build 9879」となっている。

 順当にいけば、次は1月中に最新ビルドが配布されるはずだが、昨年2014年12月時点で流出した「Build 9901」をベースにした情報がインターネット上に流出しており、おそらくはここで追加された新機能や変更点が1月配布予定のビルドに反映されると考えられる。米WinBetaによれば、この1月配布予定の最新ビルドは「Build 9922」または「Build 9924」になる可能性があるという。

tm_1412win10_3_01.jpg ネットに流出しているWindows 10 Techinical Preview「Build 9901」のデスクトップ画面

 もちろん、この「Windows 10: The Next Chapter」イベントにおいて、Windows 10の最新ビルドに追加された新機能や変更点がアピールされることになるだろう。「PC版Cortana」のほか、大幅に変更された設定メニュー、各アプリのマイナーチェンジなどが予想される。また前回の記事でも紹介したInternet Explorerとは別の新Webブラウザ「Spartan」に関する話題が出てくるかもしれない。

 だが今回重要なのは、単にWindows 10の最新ビルドの機能紹介に話がとどまらないとみられる点だ。筆者の考えでは、Windows 10 TPはおそらく「フル機能版Windows 10」に該当するもので、実際にコンシューマー向けに提供されるWindows 10製品とは異なるものになる可能性が高い。

 理由としては、MicrosoftではWindows 10 TPを「エンタープライズ向け」と強調しており、レガシーサポートを含んだ「Traditional Enterprise」と呼ばれる製品のベースに相当すると思われるからだ。

 現時点で(3月初旬開催の)Mobile World Congressなどのイベントに合わせてMicrosoftが発表会を開催するような動きはなく、4月末にMicrosoftが開催するBuildカンファレンスで開発者向けの話題が中心になることを考えれば、今回1月のタイミングで「Modern Consumer」「Traditional Consumer」などと呼ばれる「コンシューマー向けWindows 10」の概要や戦略について説明してもおかしくない。

 ここで発表されるとみられるコンシューマー版ソフトウェアを「Windows 10 Consumer Preview」などの名称で予測している海外メディアも多いが、実際にこうした名称で過去の「Windows 8 Consumer Preview」のように提供されるかは不明だ。

 これは筆者の予想ではあるが、一般ユーザー向けに機能テストそのものはWindows 10 TPの形で提供が続けられ、いわゆるTraditional Consumerと呼ばれるコンシューマー向けのデスクトップ版Windows 10はさらに後のタイミング、あるいはOEMパートナーや関係者向けの提供にとどまるのではないだろうか。

tm_1413win10_2_02.jpg Windows 8の開発途上バージョン「Windows 8 Consumer Preview」をMobile World Congress 2012(2013年2月)で説明するスティーブン・シノフスキー氏。同氏はWindowsの開発チームを率いていたが、Windows 8のリリース直後にMicrosoftを退社している。今回も一般ユーザーを想定したβ版の配布があるのだろうか?
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.