ニュース
» 2015年04月02日 14時01分 UPDATE

アイ・オー、スティックPC「Compute Stick」の取り扱いを発表――液晶セットモデルなども用意

アイ・オー・データ機器は、インテル製スティック型PC「Compute Stick」の取り扱いを発表。単体モデルのほか各種周辺機器とのセットモデルもあわせて用意した。

[ITmedia]
photo CSTK-32W

 アイ・オー・データ機器は4月2日、インテル製スティック型PC「Compute Stick」の取り扱いを発表、4月末に出荷を開始する。

 製品仕様は本日付のインテル側発表のものと同様で、プロセッサはAtom Z3735F(1.33GHz/最大1.83GHz)を搭載。OSはWindows 8.1 with Bing 32ビット版を導入している。

 取り扱いラインアップはCompute Stick単体モデル(型番:CSTK-32W)のほか、液晶ディスプレイ付属モデルなどセットモデル5タイプを用意した(セットモデルは5月中旬出荷予定)。

 価格はいずれもオープン。製品ラインアップと予想実売価格は以下のとおりだ。

製品内容 型番 予想実売価格(税別) 出荷時期
Compute Stick単体モデル CSTK-32W 2万500円 4月末
液晶ディスプレイセット CSTK-32W/D 4万5000円 5月中旬
オールインワンセット CSTK-32W/WD 4万8500円 5月中旬
有線キーボード・マウス、ハブセット CSTK-32W/LHK 2万4000円 5月中旬
ワイヤレスキーボード・マウスセット CSTK-32W/W 2万3000円 5月中旬
タッチパッド付キーボードセット CSTK-32W/T 2万3000円 5月中旬

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.