ニュース
» 2015年05月12日 16時31分 UPDATE

イノテック、第5世代Coreプロセッサー・ファミリー対応小型CPUボード「RX-7030」

イノテックは、第5世代Coreプロセッサー・ファミリーを搭載した小型CPUボード「RX-7030」を発表した。

[ITmedia]

 イノテックは、5月12日に第5世代Coreプロセッサー・ファミリーを搭載できる小型CPUボード「RX-7030」を発表した。サンプル出荷は5月13日から開催する組込みシステム開発技術展(ESEC2015)の展示以降を予定している。

 RX-7030は、第5世代Coreプロセッサー・ファミリーを搭載して駆動できるワイドレンジ12ボルト(+9.0〜+19.2ボルト)単一電源で動作するサイズ145(幅)×140(奥行き)ミリの組込み向けCPUボードだ。

 インタフェースとして、2基のUSB 3.0、5基のUSB 2.0、4基のRS-232C、2基のRS-485/422、GPIO、2系統ギガビット有線LAN、Serial ATA、mSATA、CFast、LVDS、DVI、DisplayPortなどを備えるほか、拡張スロットとしてPCI Express x1/x4、Board to Boardコネクタを用意する。

kn_inotec_01.jpg 小型CPUボード「RX-7030」

関連キーワード

組み込み | ESEC | 組み込みシステム


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.