ニュース
» 2015年05月18日 11時00分 UPDATE

Atrust、Bay Trail採用の23.6型ワイド液晶一体型シンクライアント

アスクは、台湾Atrust Computer製となる23.6型ワイド液晶一体型シンクライアント端末「A180W」「A180L」の取り扱いを開始する。

[ITmedia]

 アスクは5月18日、台湾Atrust Computer製となる23.6型ワイド液晶一体型シンクライアント端末「A180W」「A180L」の取り扱いを発表、5月下旬に販売を開始する(価格は要問い合わせ)。

photophoto A180W/A180L

 2製品はともに、1920×1080ピクセル表示対応の23.6型ワイド液晶ディスプレイを内蔵したシンクライアント端末で、OSとしてA180WはWindows Embedded 8 Standardを、A180LはLinuxベースOSとなる“Atrust OS”を導入したモデルだ。

 ともにファンレスの静音設計を実現しており、プロセッサはIntel Bay Trail(4コア/1.83GHz)を搭載。メモリはそれぞれ2Gバイト/1Gバイト、ストレージは8Gバイト/4Gバイトを標準装備している。ネットワーク接続はギガビット対応LAN×2を搭載、ほかUSB 3.0×1、USB 2.0×5なども利用可能だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.