ニュース
» 2015年05月29日 21時45分 UPDATE

ロマン系USBデバイス:ギターエフェクターにしか見えないUSBフットペダル「Tone Pedal+」

メーカーいわく、「ゲーマー待望の浪漫(ろまん)型ギターエフェクタースタイル」とのこと。

[ITmedia]

 ビット・トレード・ワンは5月29日、ギターエフェクターのような外観のUSBフットペダル「Tone Pedal+」を発表した。2015年6月26日に発売する。価格はオープン、実売価格は1万2800円前後(税別)の見込み。

tm_1405_BFTP01Y_01.jpg 見た目はギターエフェクターそのもの

 ギターエフェクターを模したUSBフットペダル。イエローのアルミダイキャストボディにクラシカルな2つのノブ、ハードなペダルスイッチを備えており、見た目はまるでディストーションの名機として知られる「MXR Distortion+」のようだ。日本製で、1台ずつ熟練工が手作業で組み立てているという。

 2つのノブ(TONE1とTONE2)は4段階のダイヤル式で、キーボードやマウス、ジョイスティックの機能を合計8つ割り当てられる。フットスイッチを押すと、それぞれTONE 1とTONE 2に切り替わり、設定された動作を実行する仕組みだ。設定はWindowsで動作するユーティリティソフトから行う。一度設定した動作は本体内のメモリに記録され、ほかのPCに接続しても設定を変更せずに利用できる。例えば、設定後はMacでも同様の操作が可能だ。

 インタフェースはUSB 2.0に対応し、PC接続用のUSB Type-Bと、USB機器接続用(USBハブ)のUSB Type-Aを備えており、マウス、キーボード、カードリーダーなどのUSBデバイスに加えて、ギターゲーム「ロックスミス」用のリアルトーンケーブルからUSBサウンドボード、USB接続型ギターなどの取り付けも可能だ。電源はUSBバスパワーで動作する。

 本体サイズは64(幅)×112(奥行き)×60(高さ)ミリ、重量は約260グラム。

tm_1405_BFTP01Y_02.jpgtm_1405_BFTP01Y_03.jpg ボディ外観(写真=左)とパッケージ(写真=右)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう