ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「フットスイッチ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「フットスイッチ」に関する情報が集まったページです。

医療機器ニュース:
電動回転で目的部位まで効率的に到達する、小腸内視鏡システムを発売
オリンパスは、電動回転で小腸を手繰り寄せながら目的部位に到達する、小腸内視鏡システム「PowerSpiral」を発表した。内視鏡に装着したフィン付きのオーバーチューブが電動回転することで、長い小腸を連続的に手繰り寄せることができる。(2019/4/19)

第4回 ウェアラブルEXPO:
テクノロジーで「命」守りたい “医療用ウェアラブル”続々登場
東京ビッグサイトで開催中の展示会「第4回 ウェアラブルEXPO」では、医師・消防士のサポートや、深刻な容体にある患者の救命が目的のものが多数出展されていた。健康管理や業務サポートが主流だったウェアラブル市場で、「医療用」がトレンドになりつつあるようだ。(2018/1/19)

目は見えなくても原稿は超クオリティー テープ起こし専門集団「ブラインドライターズ」ライター&運営インタビュー
お話を聞いてきました。(2017/8/13)

楽譜専用2画面電子ペーパー端末「GVIDO」が9月に発売 楽譜の保存や購入、フットスイッチでページめくりも可能に
オリジナルのクラウドサービスも同時にスタートします。(2017/4/12)

3つ首がほえて蒸気を放つ! “地獄の番犬”ケルベロスの置物が凶悪かっこいい
「ケルベロス加湿器」としてTwitterで話題になっていましたが、実はハロウィン用の置物でした。(2016/8/31)

モノがなければ作ればいいじゃない:
ESCキーを割り当てた無線フットスイッチを作ってみた
Vimで便利なBluetoothフットスイッチを、ロボコン経験者に作ってもらった。工作過程の解説付き。(2016/7/8)

医療機器ニュース:
空気圧手術支援ロボット「EMARO」が早期に製品化できた理由
空気圧アクチュエータを応用した内視鏡ホルダーロボット「EMARO」は、手術支援ロボットとして見ると短期間で開発できた製品といえる。早期に製品化できた背景には、医療機器へのニーズを的確に把握している医師からの提言があった。(2015/12/18)

医療機器ニュース:
「世界初」空気圧で滑らかに動く手術ロボット、大学発ベンチャーが発売
大学発ベンチャーで先進医療機器を開発するリバーフィールドが、小型・軽量で操作性に優れた内視鏡ホルダーロボット「EMARO(エマロ)」を発表。人間のように柔らかな操作が行える空気圧制御によって、執刀医が助手の補助無しで内視鏡を思うがままに操れるという。(2015/7/31)

古田雄介のアキバPickUp!:
超品薄なFury Xに「アキバをさまよう人がたくさん出そう」の声
Radeon最上位の「R9 Fury X」搭載カードが登場して大きな反響を呼んだが、入荷数が少なく競争率が跳ね上がっている。需要と供給が釣り合うのはいつ?(2015/6/29)

ロマン系USBデバイス:
ギターエフェクターにしか見えないUSBフットペダル「Tone Pedal+」
メーカーいわく、「ゲーマー待望の浪漫(ろまん)型ギターエフェクタースタイル」とのこと。(2015/5/29)

パソコン工房、フットペダル/ギアユニットも付属する格安ハンドルコントローラ
ユニットコムは、パソコン工房内ガジェット通販ショップ「Nantena」で低価格USBハンドルコントローラ「E018 T600 5in1」の販売を開始した。(2014/12/15)

2万9970円から:
100キロのっても大丈夫、ミーレから新しいキャニスター型掃除機「Compact C2」
ドイツの高級家電ブランド“ミーレ”から新しいキャニスター型掃除機「Compact C2」3機種が登場した。ミーレならではのビビッドなカラーリングを施した紙パック式だ。(2014/8/1)

医療機器ニュース:
手と指の屈伸運動をアシスト、リハビリ補助器具「パワーアシストハンド」
電産商事が一般発売を開始した「パワーアシストハンド」は、グローブに取り付けたベローズ(空気袋)に空気を送り、手指の関節を屈伸運動させる。一定のリズムで反復する自動運転モードと、スイッチで操作する手動運転モードを備えている。(2014/6/5)

小寺信良が見たモノづくりの現場(4):
白物家電を人手で1個ずつ作る日立――国内工場でなぜ
大量生産品であれば中国など海外の製造拠点を使う。最先端の製品でなければ、このような取り組みが一般的だろう。日立アプライアンスは白物家電や環境家電でこれとは全く逆の方針を採っている。茨城県の多賀工場で生産し、さらに1個ずつ手作業で作っている。なぜだろうか。どうしたらこのようなことが可能になるのだろうか。小寺信良が報告する。(2013/3/27)

おばかアプリ歴代出演者に会いに行く:
クスッとする世界観をアプリにするって面白いんです
「あるある」ネタをアプリのアイデアにつなげて、プレイヤ自身の感覚にできると最強です。田中孝太郎さんインタビュー(2013/1/11)

チョッパーがカワイイ――ディノス「ワンピース コンパクトミシン」を発売
ワンピースコラボグッズに力を入れているディノスから、今度はチョッパーの可愛いイラストをデザインしたコンパクトミシンが発売される。(2012/11/20)

小寺信良が見たモノづくりの現場(1):
ソニーの“プロ機”が日本人にしか作れない理由
日本のモノづくりが失墜しているって? とんでもない。日本でなくてはできない価値のあるモノづくりの現場が、静岡にある。(2012/6/4)

プレゼントは9種類:
Sony Tablet PやAirPlay対応のスピーカーが当たる!――クリスマスプレゼントキャンペーン開催
読者の皆さまへ、日ごろの感謝の気持ちを込めて「クリスマスプレゼントキャンペーン」を実施します。2画面構成のタブレット「Sony Tablet P」や高性能テキストエディタ「MIFES 9」、AirPlay対応のステレオスピーカー「iHome iW1」など、豪華賞品を用意しました。奮ってご応募ください。(2011/12/7)

DMR、iPad用のオーディオインタフェース拡張ドッキングステーション「io Dock」
DMRは、Alesis製となるiPad専用ドッキングステーション「io Dock」の取り扱いを発表した。(2011/8/19)

なんだか“ちっこい”ヤツを試してみよう:
両手で勝てないなら足だって使う――「USB接続 フットスイッチ」で仕事は早くなるか
新人が先輩たちに仕事の早さで勝とうとするなら、正攻法ではまだ無理。何か“奥の手”が必要だ。上海問屋のUSBフットスイッチで、ちょっとでも仕事が早くなるようにあがいてみた。(2011/8/5)

3分LifeHacking:
作業効率の向上に、USBフットペダル導入のススメ
キーボードやマウスによる入力効率のアップに限界を感じている人は多いことだろう。今回はショートカット操作を足で行うことができる「USBフットペダル」に注目してみよう。(2011/6/28)

足のキー操作で作業効率をアップ――エバーグリーン、PC用フットスイッチ2種類を発売
テープ起こしや入力作業が多い人にとって隠れた便利アイテムが、キー操作を足で行えるフットスイッチ。エバーグリーンは、直販サイト「上海問屋」でそのフットスイッチ2種類を発売する。(2011/6/8)

仕事の効率が上がるかも:
面倒なキー操作はペダルで一発――「USB接続 フットスイッチ」2種
上海問屋からマウスのクリックやキー操作などができるペダルが発売された。価格は699円から。(2011/6/8)

足なんてただの飾り、ではない:
「UMA-FS」シリーズで“足の可能性”を追求してみた
一部のユーザーの間でUSBフットスイッチが脚光を浴びている(らしい)。「タイピングには足技がない」――そんな風に考えていた時期がオレにもありました。(2010/5/13)

仕事耕具:
ワーキングデスクをコックピットに――USB足踏みスイッチで“足ショートカット”
サンコーは、USBフットスイッチ「USB足踏みスイッチ」を発売。フットスイッチ本体にショートカットを登録できる。別のPCで利用する場合も同じ“足ショートカット”が可能だ。(2010/4/23)

ハンファ、足でキー入力補助が可能なUSBフットスイッチ発売
ハンファ・ジャパンは、USB接続対応のフットスイッチ計2製品を発表。割り当てキーを自由にカスタマイズ可能だ。(2010/4/1)

古田雄介のアキバPickUp!:
「マザーも“つまんない奴”はモテないんですよ」
USB 3.0対応のH57マザーや簡易OSを付属するH55マザーなど、インテル系新マザーにさまざまなバリエーションモデルが登場。AMD製CPUもラインアップを拡充し、街には膨大な新製品があふれていた。(2010/2/1)

複数人での文字起こしにも――オリンパス、議事録作成に使える音声編集ソフト
オリンパスイメージングは、議事録作成やインタビューなどの文字起こしに使える音声ファイル編集ソフト「DSS Player Standard」を発売する。音声ファイル共有機能を搭載し、複数人での文字起こしなどが行える。(2009/2/25)

郷好文の“うふふ”マーケティング:
自分の帽子を探して――個人を結ぶ地球サイズのビジネスの可能性
なぜ人は帽子が好きなのだろうか。最近帽子に目覚めた郷氏は、1日弟子入りして帽子作りに挑戦。生まれて初めてのミシンを踏みながら考えたこととは……。(2007/11/22)

オリンパス、音質追求の最上位ICレコーダー「Voice-Trek DS-60」
音質にこだわったオリンパスのICレコーダー「Voice-Trek DSシリーズ」から、新開発のマイクや指向性マイクモードを搭載した最上位機種が登場。(2007/8/29)

オリンパス、高音質録音可能なフラグシップICレコーダー「Voice-Trek DS-50」
オリンパスイメージングがICレコーダー「Voice-Trek DS」シリーズの新製品を発売。録音可能な周波数帯を拡大して、高音質での録音と再生を可能にした。オプションで書き起こしに便利なフットスイッチも用意(2006/11/14)

サンコーのオープン2周年記念キャンペーン――オリジナルTシャツプレゼントや特価販売など
サンコーは、オープン2周年記念キャンペーンを開始。8月9日までの期間中に先着500名にオリジナルTシャツをプレゼントするほか、「ボスが来た」スイッチなどを特価販売。(2005/8/3)

おバカUSBグッズ
USB「ボスが来た!」ボタン発売
サンコーレアモノショップで、足下フットボタン操作により、瞬時に画面切り替えが可能なUSB機器が発売されている。価格は4480円。(2005/6/9)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。