ニュース
» 2015年07月17日 12時47分 UPDATE

ASRock、手のひらサイズのCeleron搭載超小型ベアボーン「Beebox」

アスクは、ASRock製となる超小型ベアボーンキット「Beebox」の取り扱いを発表。CPUはCeleron N3000/N3150を搭載、USB Type-Cポートも標準装備している。

[ITmedia]

 アスクは7月17日、ASRock製となる超小型ベアボーンキット「Beebox」シリーズの取り扱いを発表、8月上旬より順次販売を開始する。製品ラインアップはCeleron N3000搭載モデルとCeleron N3150搭載モデルの2タイプを用意。ともにカラーバリエーションはブラック/ホワイトの2カラーを取り揃えた。予想実売価格はCeleron N3000搭載モデルが1万6980円前後、Celeron N3150搭載モデルが2万1180円前後だ(ともに税別)。

photophoto Beeboxシリーズ

 本体サイズ110(幅)×118.5(奥行き)×46(高さ)の小型筐体を採用するデスクトップPCで、プロセッサとして“Braswell”世代のSoCを採用したのが特徴だ。Celeron N3000(2コア/2スレッド、1.04GHz/最大2.08GHz)搭載モデルはファンレス設計を実現。Celeron N3150(4コア4スレッド、1.6GHz/最大2.08GHz)搭載モデルは静音ファン設計となっている。

 メモリはDDR3 SO-DIMMスロット×2(最大16Gバイト)、ストレージはmSATA×1、2.5インチシャドー×1を利用可能。ほかIEEE802.11ac無線LAN、Bluetooth 4.0、ギガビット有線LAN、USB 3.0×2(Type-A×1、Type-C×1)などを備えた。映像出力はHDMI×1、DisplayPort×1を利用可能だ。また標準で赤外線リモコンが付属、マルチメディアアプリケーションの操作などを行うことができる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.