ニュース
» 2015年08月03日 14時00分 UPDATE

古田雄介のアキバPickUp!:「Windows 10」発売後の自作PC街はどうなる? (1/4)

コアなPCユーザーの濃い愛により「Windows 10」の深夜販売は盛り上がったが、通常営業に戻った電気街での評判はどうか。街の声をまとめてみた。

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]

「もしかしたらコアな人向けの傾向は強まるかも」

 既報の通り、「DSP版Windows 10」は2015年8月1日0時から売り出されている。既にPCパーツショップの店頭には普通に並んでおり、上位の「Windows 10 Pro」も下位の「Windows 10 Home」もPCパーツとのセット販売で買える。USBカードなど、最廉価なパーツとのセット価格はWindows 10 Proが2万3000円前後から2万5000円弱、Windows 10 Homeが1万4000円以下から1万6000円前後となる(税込)。

Windows 10 8月1日0時に撮影したBUY MORE秋葉原本店前。「DSP版Windows 10」の深夜販売イベントには500人前後が集まった
Windows 10 DSP版Windows 10のパッケージ
Windows 10 Windows 10の宣伝素材。多くのショップに並んでいる

 各ショップで新OSを盛り立てているが、Windows 8/8.1のときのような発売記念限定パックは作られず、過去のWindows OS発売時と比較すると控えめに置かれている印象を受ける。それでも、Windows 7以来のヒットを期待する声は多い。某ショップは「8はぜいたくな宣伝だけで空回りしていた感がすごくありましたが、10は何もしなくてもよく売れると思います。マイクロソフトも分かっているんでしょうね」とシニカルに笑っていた。

 かといってWindows 10の登場で今後のPC自作市場を楽観視する声は聞かない。代わりによく耳にする懸念は、市場の縮小が加速することだ。

 あるベテラン店員さんは「10自体は優秀ですし、旧OSからの乗り換え需要を促進すると思います。ただ、新規のユーザーをこの業界に呼び込むかというと話は別になります。ライト層向けには安価なタブレットや小型PCがありますし、『10があるからPCを自作しよう』というふうにはならない。ゲームなりハイスペックな処理が必要なキラーコンテンツがたくさん出てこないと」と話していた。

 そうした流れがWindows 10発売後に促進されると不安視するコメントも聞いた。「もうしばらくしたら他のOSパック(ダウンロードタイプやUSBメモリタイプ)も出てきますが、価格や使用範囲の面でDSP版とどうすみ分けられるか不透明です。場合によってはDSP版を脅かしかねません。すると、自作PCにおけるOSの位置付けが揺らいで、コアな従来ユーザーだけが守り続ける世界になっていくかも」(匿名)

 Windows 10のフタを開けたら自作街がどんな姿になるのか。その結果を知るには、もう少し時間が必要なようだ。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.