インタビュー
» 2015年08月04日 08時00分 UPDATE

店頭で買って、持ち帰って、すぐ“10”を使える:ヨドバシカメラが「Windows 10アップグレード代行」を無料で行う理由 (1/2)

ヨドバシカメラでは、PCを新規購入するユーザー向けに「Windows 10」へのアップグレード代行サービスを期間限定にて無料で提供している。“タダ”で代行サービスを行う狙いとは?

[山口恵祐,ITmedia]

ついに「Windows 10」が提供開始

 7月29日にMicrosoftの新OS「Windows 10」が一般公開された。これに先立ち、Windowsのコアユーザー向けにファンイベントが開催されたり、8月1日に発売したDSP版Windows 10の深夜販売イベントがアキバで行われたりと、各所で大きな盛り上がりを見せている。

Windows 10 ついにWindows 10が登場

 Windows 10は、Windows 7(SP1)/8.1 Updateから無料でアップグレードできるので、これを利用できるユーザーはかなり多い。アップグレード対象となるPCのデスクトップ右下にある通知領域には、アップグレードの予約を行うアイコンが表示されるため、あまりPCに興味のない一般ユーザーにも「Windows 10がリリースされる」ということは周知されているようだ。

通知領域に現れる予約アイコン 通知領域に現れたWindows 10の予約アイコンに気づいたユーザーも多いはず

 一方で、Windows 10をプリインストールするモデルの登場は、もうしばらく待たなければならない。現在店頭に並んでいるPCの多くがWindows 8.1 Updateを搭載しており、これからPCを購入するユーザーは自分でWindows 10へのアップグレード作業を行う必要がある。アップグレード自体は無料ながら、作業が面倒、あるいは難しいと感じるユーザーも少なくないだろう。

 そこでヨドバシカメラは、同社指定PCの購入時にWindows 10へのアップグレード作業を代行するサービスを開始した。7月29日から8月31日まで、ヨドバシカメラの店頭もしくは同社公式通販サイトの「ヨドバシ・ドット・コム」で、Windows搭載のPCを購入してサービスを依頼すると、無料でWindows 10へのアップグレード作業を行ってくれるのだ。

ヨドバシカメラ マルチメディアAkiba ヨドバシカメラ マルチメディアAkiba

ヨドバシAkibaのPC売り場はどうなっているのか?

 今回取材に訪れた東京・秋葉原の「ヨドバシカメラ マルチメディアAkiba」では、PCの売り場全体でWindows 10の登場をアピールしていた。ほとんどの展示機がWindows 10へアップグレード済みなので、実機を見比べたり、触り比べたりしながら、気に入った製品を選べるのがポイントだ。

Windows 10をPC売り場全体でアピール Windows 10を売り場全体でアピール。立ち寄った客は、一目でWindows 10がリリースされたことを知ることができる
Let's noteWindows 10にアップグレードされたSurface 3とSurface Pro 3 Windows 8.1 Updateで発売されたモデルもWindows 10にアップグレードして展示。Windows 10アップグレード後の使い勝手を確認できるのがうれしい
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.