連載
» 2015年08月10日 07時00分 UPDATE

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:「Windows 10」の盛り上がりを米Microsoft直営店でチェックしてきた (1/2)

Microsoftの本拠地では「Windows 10」のリリースをどのように迎えたのか。Windows 10公開直後に、シアトルのMicrosoft Storeを訪れてみた。

[鈴木淳也(Junya Suzuki),ITmedia]

記念すべき日にサティア・ナデラCEOはナイロビにいた

 「Windows 10」が一般公開された7月29日、筆者は米ワシントン州レドモンドにあるMicrosoft本社を訪れていた。本社がWindows 10の公開時にそれほどお祭り騒ぎになっていなかったのは、以前の記事でお伝えした通りだ。

 しかし、世界的には記念すべき日に多数のイベントが催されていた。タイムゾーン的に最も早い公開となるオーストラリアのシドニーを筆頭に、ロンドンやニューヨークと、さまざまな都市でWindows 10公開イベントが開催されたのだ。日本では大規模なイベントは実施されなかったが、Windows Insider Program参加者を中心にファンイベントが都内で行われた

 この日、米Microsoftのサティア・ナデラCEOは本社ではなく、ケニアの首都ナイロビで開かれたイベントに出席し、同国でのテレビ放送周波数帯のホワイトスペースを使った低価格無線インターネット接続サービスなど、ITインフラの現状を報告していた。その背景は2日後にシアトルで開催された「Imagine Cup 2015 World Championship」(世界最大規模の学生向けITコンテスト)のステージで同氏が登壇して説明している。

 サティア・ナデラCEOの今回の動きは、Windows 10そのものよりも「MicrosoftがITインフラの整備にあたって、地域コミュニティとどのように関わっているかを重視していること」の現れだと考えている。

サティア・ナデラCEO Imagine Cup 2015 World Championshipでスピーチする米Microsoftのサティア・ナデラCEO。着用しているTシャツは、Windows Insider Program参加者の間で人気になっている「忍者キャット(ninjacat)」。公式ブログ(Brogging Windows)では、忍者キャットの壁紙を配布している

Windows 10開発責任者は直営店でお出迎え

 一方、Windows 10の開発責任者である同社Windows&デバイス担当上級副社長のテリー・マイヤーソン氏は、本社キャンパスのあるレドモンドの隣に位置するベルビュー(Bellevue)市内のMicrosoft Store店舗において、7月29日に自ら臨時スタッフとして客を出迎えていた。

 残念ながら筆者は時間がなくて顔を出せなかったが、Windows 10の開発責任者が自ら店員として客を出迎えるという構図はありそうでなかなかなく、面白いサプライズ演出と言える。

テリー・マイヤーソン氏 Windows&デバイス担当上級副社長のテリー・マイヤーソン氏。7月29日のWindows 10世界公開日、米Microsoft本社の近くにあるMicrosoft Storeのベルビュー(Bellevue)店で臨時スタッフとなって客を出迎えていた

米国のMicrosoft Storeは「Windows 10」一色に

 日本では未展開のMicrosoft Store(Microsoft直営のリアル店舗)だが、米国では既に100店舗以上(モール等の広場に出店する出張店舗も含む)あり、カナダとプエルトリコに10店舗と、主要都市の多くをカバーしつつある。

 このうち、シアトルのPacific Place店へ7月31日に顔を出してみると、ディスプレイはWindows 10一色となっており、取り扱っているPC製品も全てWindows 10プリインストールモデルとなっていた。Microsoft純正の「Surface 3」や「Surface Pro 3」はもちろん、OEMメーカーのPCもWindows 10搭載機が販売されており、日本より早くWindows 10プリインストールモデルを入手できる状況だ。

 ここでの注目はWindows 10のパッケージ版だ。日本ではまだDSP版のみの提供となっているが、米国では「Windows 10 Pro」が199.99ドル、「Windows 10 Home」が119.99ドルの価格で販売されている。提供メディアはDVDではなくUSB 3.0対応のUSBメモリで、32ビットと64ビットの両バージョンが含まれている。

新たなMicrosoft店舗出現!? 米ワシントン州シアトル市内に新たなMicrosoft店舗出現!?――という話をWindows Phoneのプロモーションでも知られる日本マイクロソフトのエバンジェリストの方に聞いたので現地に行ってみたら……実は空き店舗スペースのウィンドウを利用したSurfaceとWindows 10の広告だった
Microsoft Store シアトル市内のPacific Placeというモール内にある出張店舗形態のMicrosoft Store。既に展示品は全てWindows 10ベースのものに入れ替えられている
Surface 3 同店の説明によれば、展示されているPC本体製品は全てWindows 10プリインストールモデルとしての販売だという。こちらは「Surface 3」
Surface Pro 3OEMメーカー製PC 「Surface Pro 3」(写真=左)とOEMメーカー製PC(写真=右)もWindows 10搭載モデルを販売していた
Windows 10パッケージ版 Windows 10(フルライセンス版)のリテールパッケージも販売されていた。パッケージの中身はDVDディスクではなく、USB 3.0対応のUSBメモリを採用している
Windows 10 ProWindows 10 Home 「Windows 10 Pro」は199.99ドル(写真=左)、「Windows 10 Home」は119.99ドル(写真=右)で販売されていた
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.