ニュース
» 2015年08月10日 11時30分 UPDATE

古田雄介のアキバPickUp!:Skylake登場でDDR4メモリの売れ行きがググンと上昇! (1/4)

新世代CPUとチップセットが好評で、周辺のパーツの売れ行きにも良い影響を与えている。DDR4メモリの売れ行き増がその証拠だが、Windows 10の勢いはやや落ち着いたらしく……

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]

「ASUSTeKは手堅い、総合力ではASRock」――SkylakeとZ170マザーの評判

 8月5日21時に発売となった“Skylake”こと第6世代Coreプロセッサーは、品薄が懸念されながらも初期入荷は一定量あり、アキバ全体で好調に売れている。価格は上位の「Core i7-6700K」が5万円弱から5万2000円弱、下位の「Core i5-6600K」が3万5000円前後となる。対応ソケットは従来と互換性のないLGA 1151だ。

og_akiba_001.jpg ソフマップ秋葉原リユース総合館にある新型Coreシリーズの展示

 Skylakeに対応するZ170マザーも各社から一斉に登場しており、価格は1万6000円弱から4万2000円超と幅広い。初回はATXサイズとmicro ATXサイズばかりだったが、近日中にmini-ITXタイプの入荷を予定しているショップもある。

 週末時点ではASUSTeK「Z170-A」(2万5000円弱)とASRockの「Z170 Extreme4」(2万3000円弱)を売れ筋に挙げるショップが多かった。あるベテラン店員氏は「今回はギガバイトが初回の弾数が少なくて意外でしたね。ASUSTeKも少ないですが、売れ筋系統を最初にそろえてきたあたりさすがです。ASRockは総合的に堅調で、MSIはこれからの伸びに期待ですね」と状況を読む。

og_akiba_002.jpg TSUKUMO eX.に並ぶZ170マザーボード

og_akiba_003.jpg BUY MORE秋葉原本店名物の詳細解説POP。スタッフの猪狩氏が必死に情報収集して作ったという

 新世代プラットフォームの好調な滑り出しにより、周辺パーツの売れ方にも変化が現れている。端的なのはDDR4メモリだ。パソコンSHOPアークは「X99マザーでしか使えなかったこれまでとは段違いの売れ方ですね。数カ月前から順調に価格が下がっていることもあって『あれ、こんなに安いの?』と選ばれる方も多いですよ。それでもストックはCPUと違って十分あるので、型番指定でなければ品薄の心配は不要です」という。Z170向けをうたうメモリキットも登場しており、今後もこの勢いは続きそうだ。

 そのほか、M.2 SSDの売れ行き増も期待されているが、そちらはまだ目立った動きはないようだ。Windows 10への乗り換え需要についても「加速するかなと思ったんですが、今のところはそうでもないです。なかなか先が読めないところがあります」(某ショップ)という。10については次のページで詳しくみていこう。

og_akiba_004.jpg G.SKILLから登場したZ170用をうたうDDR4メモリ「F4-3000C15D-16GVK」(2万2000円前後)と「F4-3466C16D-8GVK」(3万5000円前後)

og_akiba_005.jpg パソコンSHOPアークのDDR4特価POP。Skylake発売記念特価と銘打っている

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.