ニュース
» 2015年09月04日 12時23分 UPDATE

キングジム、高輝度液晶を採用した電子メモパッド「ブギーボード」新モデルを発表

キングジムは、米Kent Displays製電子メモパッド「Boogie Board JOT」の取り扱いを発表。従来比1.5倍のハイコントラスト液晶を採用している。

[ITmedia]

 キングジムは9月4日、米Kent Displays製電子メモパッド「Boogie Board JOT」(型番:BB-7)の取り扱いを発表、10月16日に販売を開始する。カラーバリエーションはブラック/ブルー/ピンクの3色を用意、販売価格はいずれも6500円(税別)。

photophoto BB-7

 同名の従来製品(型番:BB-4)をベースに改良を行ったモデルで、コントラストを従来比で50%向上させた高コントラスト液晶を採用し手入るのが特徴だ。

 液晶サイズは8.5型で、付属ペンによる筆圧対応ペン入力に対応。本体サイズおよび重量は146(幅)×227(奥行き)×4.4(高さ)ミリ/約110グラムの薄型軽量設計で、電源はコイン型リチウム電池で駆動可能となっている。またマグネットを内蔵しており、デスクなどの金属面に本体を貼り付けて利用することもできる。


 またキングジムは、「Boogie Board」シリーズのラインアップに「リラックマ」をモチーフにしたモデル「リラックマ ブギーボード」を追加、10月16日に販売を開始する。価格は6500円だ(税別)。

photophoto リラックマ ブギーボード  なぞるとリラックマの絵が描ける“おえかきシート”も付属する

関連キーワード

キングジム | リラックマ | メモ帳


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.