ニュース
» 2015年10月20日 20時20分 UPDATE

2015年PC秋冬モデル:圧倒的な“狭額縁”デザインで世界最小の15型&13.3型ノートPC――「New XPS 15」「New XPS 13」登場

デルがモバイルノートPCのフラッグシップ機「XPS」シリーズの新モデルを発表。「XPS 13」のベゼルレスデザインを踏襲する15型モデルがラインアップに加わり、スペックを強化した13.3型にはゴールドモデルを追加した。

[山口恵祐,ITmedia]

狭額縁デザインで高い評価を得たフラッグシップ機に新モデルが登場

 デルは10月20日、2015年PC秋冬モデルとして15型モバイルノートPC「New XPS 15」と、13.3型モバイルノートPC「New XPS 13」の計2モデルを発表した。DELLの直販サイトで同日より発売し、価格はNew XPS 15が16万9980円、New XPS 13が14万4980円から(いずれも税別、送料込)。量販店モデルは11月中旬発売予定で、価格はオープン。

newxps 「New XPS 15」(左)と「New XPS 13」(右)
newxps ゴールドの「New XPS 13」(左)とシルバーの「New XPS 15」(右)

4Kディスプレイが選択可能な「New XPS 15」

 従来モデルの「XPS 13」を踏襲し、そのままボディを大きくしたデザイン。ディスプレイのベゼルが極めて狭い「Infinity Edgeディスプレイ」を搭載し、世界最小の15インチノートPCをうたう。

newxps 写真は「New XPS 15」のフルHD(1920×1080ピクセル)モデル

 最上位の「プラチナ・4Kディスプレイ・タッチパネル」モデルは、タッチ対応の4K(3840×2160ピクセル)光沢ディスプレイを搭載する。「スタンダード」モデルはフルHD(1920×1080ピクセル)の非光沢液晶ディスプレイとなる。いずれもIGZO IPSパネルによって最大170度の視野角を確保し、Adobe RGB色域カバー率は100%だ。

newxps 15型モデルのベゼル幅は5.7ミリ

 プロセッサとして第6世代(開発コード名:Skylake)のCore i5-6300HQ(4コア4スレッド、2.3GHz/最大3.2GHz、3次キャッシュ6Mバイト)/Core i7-6700HQ(4コア8スレッド、2.6GHz/最大3.5GHz、3次キャッシュ6Mバイト)を搭載し、メモリは8/16Gバイト、ストレージは1TバイトHDD+32Gバイトキャッシュ/512GバイトSSD(PCIe)となる(前者はスタンダードモデル、後者はプラチナ・4Kディスプレイ・タッチパネルモデル)。

 グラフィックスはいずれもNVIDIA GeForce GTX 960M(2Gバイト GDDR5)を搭載する。バッテリー駆動時間は最大10時間で、各ポートは充電やデータ転送に用いるThunderbolt 3 with USB 3.1 Type-C、USB 3.0×2、SDメモリーカードスロット、HDMI出力、音声入出力を備える。ワイヤレス機能はIEEE 802.11a/b/g/n/acとBluetooth 4.1に対応。本体サイズは357(幅)×235(奥行き)×11〜17(高さ)ミリ、重量は約2キロだ。

newxps ディスプレイを最大まで開いたところ
newxps 前側面
newxps 背側面
newxps 左側面
newxps 右側面

カラーバリエーションにゴールドを追加した「New XPS 13」

 こちらも従来モデルの「XPS 13」と同等のデザインながら、新色のゴールドが追加され、シルバーと合わせて計2色のカラーバリエーションとなった。「Infinity Edgeディスプレイ」により前回同様、世界最小の13型ノートPCをうたう。

newxps 「New XPS 13」
newxps ゴールド(左)とシルバー(右)
newxps ゴールド

 最上位の「プラチナ・QHD+タッチパネル」モデルは、タッチ対応のQHD+(3200×1800ピクセル)光沢液晶ディスプレイを搭載する。「プレミアム」モデルと「スタンダード」モデルは、フルHD(1920×1080ピクセル)の非光沢液晶ディスプレイとなる。いずれもNew XPS 15同様、IGZO IPSパネルによって最大170度の視野角を確保した。ただし、Adobe RGB色域カバー率は72%、コントラスト比は1000:1となる。

newxps 13.3型モデルのベゼル幅は5.2ミリ

 主なスペックは、スタンダードモデルとプレミアムモデルが第6世代(開発コード名:Skylake)のCore i5-6200U(4コア8スレッド、2.3GHz/最大2.8GHz、3次キャッシュ3Mバイト)、プラチナモデルとプラチナ・QHD+タッチパネルモデルがCore i7-6500U(2コア4スレッド、2.5GHz/最大3.1GHz、3次キャッシュ4Mバイト)を搭載する。

 メモリとストレージは、スタンダードモデルが4Gバイト、128GバイトSSD(PCIe)で、他モデルが8Gバイト、256GバイトSSD(PCIe)となる。グラフィックスはいずれも内蔵のIntel HD Graphics 520だ。

 バッテリー駆動時間は最大18時間、各ポートは充電やデータ転送に用いるThunderbolt 3 with USB 3.1 Type-C、USB 3.0×2、SDメモリーカードスロット、音声入出力を備える。ワイヤレス機能はIEEE 802.11a/b/g/n/acとBluetooth 4.1に対応。本体サイズは304(幅)×200(奥行き)×9〜15(高さ)ミリ、重量は約1.2キロだ。

newxps ディスプレイを最大まで開いたところ
newxps 前側面
newxps 背側面
newxps 左側面
newxps 右側面

海外で発表済みの「New XPS 12 2-in-1 Laptop」は後日投入

 タッチ対応の4K(3840×2160ピクセル)ディスプレイを備えた12型2in1モデルの「New XPS 12 2-in-1 Laptop」は今回発表されなかったが、デル担当者によれば日本にも2016年初旬に投入予定という。続報に期待したい。

newxps 「New XPS 12 2-in-1 Laptop」
デル株式会社

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.