連載
» 2015年11月26日 06時00分 UPDATE

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:Windows 10初の大型アップデートでつまづいたMicrosoft (1/2)

期待されたWindows 10初の大型アップデート「Windows 10 November Update」だが、公開後の対応を巡って混乱が生じることとなった。

[鈴木淳也(Junya Suzuki),ITmedia]

公開後に取り下げられた「November Update」の謎

 Windows 10で初めてとなる最新大型アップデート「November Update(1511)」について、公開を一時停止した後、あらためて公開するという混乱が生じた。時系列で状況を整理していこう。

Windows 10 November Update Windows 10初の大型アップデート「November Update」

 Windows 10初の大型アップデート「Threshold 2(TH2)」こと「November Update(1511)」は、11月12日(米国時間)にWindows UpdateおよびMedia Creation Tool(MCT)での提供が開始された。

 Windows Updateはユーザーにおなじみの方式だが、一方のMCTはWindows 7/8/8.1といった「Windows 10へのアップグレードが可能なOS」に提供される専用ツールだ。これを公式サイトからダウンロードして利用すれば、「DVDまたはUSBメモリで“最新の”Windows 10インストールメディアを作成」できる。

 MCT経由で最新のアップデートが適用されたWindows 10のインストールメディアが作成できれば、アップグレード時でもクリーンインストール時においても、Windows Updateを経由せずに最新のWindows環境を得られるというメリットがある。

 しかし前回もリポートしたように、原稿執筆時(日本時間で11月23日)のタイミングではWindows Update経由でNovember Update(1511)の導入が可能なのみで、MCTでは7月29日に提供された「Build 10240(TH1)」相当のインストールメディアしか作成できず、事実上MicrosoftがMCT経由での配布を停止したと考えられていた。

 米Microsoft自身はこの旨を同社のWebサイトやブログなどで掲示していないが、米ZDNetなどの海外メディアが同社に問い合わせたところ、公式声明としてMCT経由でのNovember Update(1511)の配布を取り下げ、Windows Updateを利用するように伝えたという。実際、筆者もMCT経由でNovember Update(1511)が適用できないことは確認している。

Windows 10のダウンロードページ 旧Windows 10のダウンロードページ。「Media Creation Tool」はダウンロードできるものの、November Update(1511)適用済みのインストールメディア作成が可能な最新版は取り下げられていた
MCTの旧バージョン 実際に11月24日(日本時間)にダウンロードしたMCTのバージョンは、従来通り「Build 10240(TH1)」相当だった

 ただし、米WinBetaが11月21日(現地時間)に掲載した記事によれば、Windows Update経由でも同様にNovember Update(1511)をダウンロードできない期間が存在していた。その後、同誌がMicrosoftの公式声明を掲載し、November Update(1511)の提供を止めた事実はなく、全ユーザーに順次展開していくと説明している(WinBeta掲載の文面は、ZDNetと若干違う点に注意)。

 実際にWindows Updateの停止があったかどうかは不明だが、PC USER編集部でも同期間にWindows UpdateでNovember Update(1511)にアップデートできない状況は続いていた。これが公開停止のせいなのかは不明だが、少なくともMCT経由での提供がストップしていたことは間違いない。

バグ修正を経て1511がMCTにも復活

 MicrosoftがMCT経由でのNovember Update(1511)の公開を停止した事実を認める一方で、なぜこのような措置が取られたかについてはさまざまな臆測があり、ユーザー側にも困惑が広がっていた。

 しかし11月24日にMicrosoftが「KB3121244」として公開したバグ報告によれば、「11月の更新プログラム(Version 1511)を適用すると、一部の設定が保持されなくなる可能性がある」ということが明らかになった。

 実際、November Update(1511)を適用した“ごく一部”のユーザー(“Extremely Small Number”と強調している)の間で、一部設定が保持されなくなる問題が報告されたとのことだ。具体的には「アドバタイズID」「バックグラウンドアプリ」「SmartScreen Filter」「デバイスとの同期」の設定で問題が発生する。

 この問題を修正するアップデートは翌25日、既に「KB3120677」として公開されており、Windows Updateで自動的に適用されるようになる。

November Updateの不具合 11月24日にNovember Update(1511)適用後に一部の設定が保持されなくなる可能性があるという不具合が発表された

 注意点としては、もし言語パックを導入しているユーザーの場合、同アップデートをかける前に言語パックの導入を済ませておく必要があるとMicrosoftでは説明している。このアップデートの適用により、設定が壊れた状態になったユーザーであっても、November Update(1511)適用前の状態に復旧できるという。

 なお、修正アップデート配布前の情報だが、Microsoftでは実際に当該の設定が壊れていないかの確認方法をユーザーに指南している。気になる場合は、下記の手順で確認してみてほしい。

  • 「全般」をクリックして「アドバタイズID」と「SmartScreenフィルター」を調整する
  • 「その他のデバイス」をクリックしてデバイスとの同期設定を調整する
  • 「バックグラウンドアプリ」をクリックして、バックグラウンドで実行されるアプリケーションの設定を確認する

 Windows関連情報に詳しいポール・サーロット氏が11月25日に掲載した記事には、Microsoftの公式コメントとして「本日以降に提供されるNovember Update(1511)では、このような問題は発生しない」と説明されており、現段階でNovember Update(1511)を適用しても報告済みの問題は発生せず、修正パッチが適用済みと考えて問題ないと思われる。

 また、修正済みのNovember Update(1511)が提供されたことにより、MCT経由でNovember Update(1511)が適用されたWindows 10インストールメディアの作成も可能になった。最新版のMCTは公式サイトからダウンロードできる。

 つまり、Microsoftでは沈黙を守っていたものの、問題修正のためにMCTでの提供を一時的にストップしていたというだけで、「今後はWindows Updateに一本化する」といった計画が本当だったわけではないようだ。

更新されたWindows 10のダウンロードページ MCTがNovember Update(1511)に対応したことに伴い、Windows 10のダウンロードページも更新された。「ツールを今すぐダウンロード」ボタンを押すと、MCTの実行ファイル(exe)をダウンロードできる
MCTの最新バージョン あらためて最新版のMCTをダウンロードすると、バージョンは確かにNovember Update(1511)を示すビルド番号(10586)になっている
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.