ニュース
» 2015年12月15日 15時04分 UPDATE

テックウインド、キーボード一体型の薄型PC「キーボードPC」を発表

テックウインドは、キーボード一体型の省スペース筐体を採用したデスクトップPC「キーボードPC」を発表した。

[ITmedia]
photo WP004

 テックウインドは12月15日、キーボード一体型の省スペース筐体を採用したデスクトップPC「キーボードPC」(型番:WP004)を発表、2016年1月中旬に販売を開始する。カラーバリエーションはホワイトとブラックの2タイプを用意。価格はオープン、予想実売価格は2万円台の見込みとなっている。

 薄型キーボード一体型のコンパクト筐体を採用したデスクトップPCで、プロセッサとしてAtom Z3735Fを搭載しファンレス設計を実現した。映像出力はHDMI/アナログD-Subの2系統を備えるほか、有線LAN、USBポート、microSDカードスロット、IEEE802.11b/g/n無線LAN、Bluetooth 4.0LEなども標準で装備している。

 キーボード配列はテンキーレスの86キーレイアウトを採用。手前側には小型のタッチパッドも備えており、マウスなどを用意することなく単体で基本的な操作を行うことが可能だ。

 メモリはDDR3L 2GB、ストレージは32GBを内蔵。OSはWindows 10 Home 32bit版を導入している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.