ニュース
» 2015年12月26日 17時00分 UPDATE

行列よさらば:アップルストアの「Lucky Bag」、2016年は発売せず

理由は「全世界で均質なサービスを提供するという目的のため」。

[前橋豪,ITmedia]

 毎年恒例のアップルストア福袋「Lucky Bag」が、2016年は販売されないことが明らかになった。本誌の取材によれば、全国のアップルストアでLucky Bagは販売せず、2016年は1月2日から通常通り営業を開始するという。理由としてアップルジャパンは、「全世界で均質なサービスを提供するという目的のため」と回答している。

アップルストア表参道 アップルストア表参道

 Lucky Bag販売中止の背景には、店舗前の行列防止や転売目的の来店者排除もあると考えられる。アップルストアでは、2014年のiPhone 6/6 Plus販売時に転売目的などの来店者とトラブルが発生して以来、周辺地域への配慮や警察署の指導もあり、新製品発売時に長蛇の列ができて混乱の原因にならないよう対策してきた。

 例えば表参道店の場合、2015年1月2日のLucky Bag発売時も、行列する場合は椅子やしゃがみ込み、飲食、喫煙、列からの一次離脱といった行為が禁止され、割り込みを防ぐために警備担当者が行列を撮影したり、整理券(リストバンド)が前日に配られるなど、さまざまな対策を行っていた。それでも開店前には1000人を超す行列ができたが、大きな混乱なくLucky Bagの販売を終えている。

告知 2015年の「Lucky Bag」販売告知。2016年は発売されないこととなった
2015年のLucky Bag 2015年版「Lucky Bag」。価格は3万6000円(税別)だった
2015年のLucky Bag中身 2015年版「Lucky Bag」中身の一例。当たりではないが、iPod touch 16GB Red Special EditionやApple TVなど、7万3000円(税別)相当の製品が入っていた ※写真はテクニカルライターのフォレスト・ヒーロー氏が購入したもの
2014年のLucky Bag 2014年版「Lucky Bag」は、2015年版よりシンプルなデザイン
2014年のLucky Bag中身 2014年版「Lucky Bag」中身の一例。「当たり」には赤い封筒が含まれていて、MacBook AirやiPad Air、iPad miniの当選カードが入っていた

 なお、Appleは特にApple Watchの発売以降、ハイファッション路線の傾向も強めつつあり、そうしたラグジュアリーブランド的な販売戦略が「行列してお祭り騒ぎで福袋の争奪戦をする」という日本の購買行動とそぐわなくなってきた面もあると考えられる(ちなみに米国のApple Storeでは、今年からブラックフライデーのセールを行っていない)。

 新製品発売時や新春初売りでアップルストア前の行列が見られなくなること、参加できなくなることを残念に思う古くからのファンも少なくないだろうが、Appleは過去のこだわりを捨てて、新しいストアの在り方を模索しているのかもしれない。

2014年の初売り告知 2014年のアップルストア初売り告知。かつては公式サイトでこうした派手な告知が行われていた

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-