ニュース
» 2016年01月05日 17時40分 UPDATE

LTE対応:14型で世界最薄最軽量「ThinkPad X1 Carbon」の新モデルが登場

Lenovoは、「ThinkPad X1 Carbon」の新型モデルを発表した。14型ノートPCで世界最軽量をうたう。

[山口恵祐,ITmedia]

 Lenovoは3日(現地時間)、14型ノートPC「ThinkPad X1 Carbon」の新モデルを発表した。発売は2月を予定し、価格は1299ドルから。

ThinkPad X1 Carbon 「ThinkPad X1 Carbon」

 現行モデルからメモリやストレージなどを強化しつつ、さらなる薄型化と軽量化を実現した。CPUに「第6世代Core(開発コード名:Skylake)」を搭載し、一般的なSATA SSDの5倍の速度を実現するという最大1TBのSamsung製 M.2 NVMe SSDや、キャリアアグリゲーションによって最大300Mbpsのダウンロード速度に対応するQualcomm Snapdragon X7 LTEモデム、指紋センサーなどがオプションで選択可能だ。WiGigによるワイヤレスドッキングステーションにも対応する。

 ディスプレイは14型IPS液晶で、WQHD(2560×1440ピクセル)とFHD(1920×1080ピクセル)から選択可能。メモリが最大16GB、グラフィックスは内蔵のIntel HD Graphics 520となる。

 バッテリー駆動時間は最大11時間、各ポートはMini DisplayPort、HDMI、USB 3.0×3基、microSDカードスロットなどを備える。ワイヤレス機能としてIEEE 802.11a/b/g/n/acの無線LANとBluetooth 4.1に対応。本体サイズは333(幅)×229(奥行き)×16.45(高さ)ミリ、重量は約1209グラムだ。

ThinkPad X1 Carbon 「ThinkPad X1 Carbon」
ThinkPad X1 Carbon 写真は英語キーボード
ThinkPad X1 Carbon ディスプレイを開いた状態
ThinkPad X1 Carbon ディスプレイを最大まで開いたところ

関連キーワード

ThinkPad X1 Carbon | レノボ | WiGig


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.