ニュース
» 2016年01月27日 09時00分 UPDATE

2016年PC/タブレット春モデル:普通のA4ノートじゃない――Skylake-H採用でワンランク上のプレミアムオールインワンノートPC「VAIO S15」

VAIOが、15.5型のオールインワンノートPC「VAIO S15」を発表。「VAIO Fit 15E | mk2」の後継機種ながら、プロセッサにハイスペックノートPC向けの「Skylake-H」を採用するなど、パフォーマンスを大幅に向上。高付加価値のあるマシンに仕上げた。

[山口恵祐,ITmedia]

スタンダードじゃない“S”

 VAIOは1月27日、15.5型のオールインワンノートPC「VAIO S15」を発表した。同日より受注を開始し、2月5日に発売する。価格はVAIO OWNER MADEモデルが8万9800円から、個人向け標準仕様モデルが16万9800円、法人向けカスタマイズモデルが9万4800円から(いずれも税別)。

VAIO S15 「VAIO S15」

 スタンダードノートPC「VAIO Fit 15E | mk2」の後継モデルでありながら、プロセッサに高性能ノートPC向けの「Skylake-H」を採用し、Hybrid HDDやSSDなどの高速ストレージによってパフォーマンスを大幅に向上した。同社はS15を、大画面とマシンパワーが必要なビジネスの現場から、動画や画像編集といった家庭での用途まで幅広く対応する「ビジネス&クリエイションオールインワン」と位置付ける。

仕事からプライベートまでこれ一台で 一般家庭からSOHOなどビジネス用途まで幅広く対応する

 同時発表している13.3型モバイルノートPC「S13」や、発売中の11.6型モバイルノートPC「S11」が属する「S Line」と呼ばれるラインアップは「Standard(標準)」のSではなく「Superior(直訳で、優れた、目上)」のSであると同社は説明する。

 同じく同時発表された「VAIO Z」シリーズや、「VAIO Z Canvas」などが属する「Z Line」は、オンリーワンな存在を目指すハイエンドラインとする一方で、S Lineはパフォーマンスや使いやすさ、デザインなどをバランス良く組み合わせたメインストリームラインとなる。S15においても、通常のA4スタンダードノートPCから一歩上を行くプレミアムを提供することで、高付加価値領域におけるシェア拡大を狙う。

必要な機能がそろうオールインワン、長く使い続けられる高性能

 S15のボディは陶器をイメージした優しい流線型のデザインを採用し、カラーバリエーションはS Line共通色の新色シルバーと、ホワイト、ブラック、ピンクの計4色を用意する。

シルバーシルバー S Line共通色のシルバー
ホワイトホワイト ホワイト
ブラックブラック ブラック
ピンクピンク ピンク

 ディスプレイはタッチ対応と非対応から選択可能で、後者は映り込みを低減するアンチグレア(非光沢)液晶を採用。フルHD(1920×1080ピクセル)液晶は旧モデルが上下20度左右45度だったのに対し、新モデルは上下左右85度の広視野液晶となり、見やすさが格段に向上した。

 本体の手前側面には大型のBOXスピーカーを左右に配置し、本体裏面にはサブウーファーを搭載する。VAIO Zの77デシベルを超える78.1デシベルの大音量を再生可能だ。

VAIO S15 手前側面にはスピーカー2基と通知ランプ、SDXC対応SDメモリーカードスロットを備える
キーボード キーボードはテンキー付きで、ピッチは19ミリ

 標準仕様のスペックは、第6世代CoreのCore i7-6700HQ(2.6GHz/最大3.5GHz、4コア8スレッド、3次キャッシュメモリ 6MB)、8GBメモリ(DDR4-2133)、1TBのハイブリッドHDDを搭載。GPUはCPU内蔵のIntel HD Graphics 530となる。

 カスタマイズにも対応し、プロセッサはCore i3、Core i5も選択可能でi5以上はクアッドコアとなる。メモリは4GBから最大16GBまで、ストレージはHDDが最大1TBまで、SSDは128GBを搭載可能で、デュアルドライブにも対応する。

 ワイヤレス機能はIEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN、Bluetooth 4.1を搭載。インタフェースはUSB 3.0×3(うち1つは電源オフ時の給電対応)、HDMI出力、アナログRGB出力(D-Sub 15ピン)、1000BASE-Tの有線LAN、音声入出力、SDXC対応SDメモリーカードスロット、92万画素のインカメラ、BDドライブ(BDXL対応)などを備えている。OSは64ビット版のWindows 10 Homeを採用。64ビット版のWindows 7 Professionalへのダウングレードにも対応する。バッテリー駆動時間は約5.5時間となる。

 本体サイズと重量は、約380.3(幅)×25.1(高さ)×260.8(奥行き)ミリで約2.5キロ。

左側面 左側面には左からアナログRGB出力(D-Sub 15ピン)、HDMI出力、1000BASE-Tの有線LAN、USB 3.0ポート×1、音声入出力
右側面 右側面には左からUSB 3.0ポート×3、ディスクドライブが並ぶ
オールインワン オールインワンの万能性は魅力だ

 また、前モデルのVAIO Fit 15E | mk2は、インテル Celeronプロセッサ搭載モデルのみ併売し、用途に合わせて価格を抑えたいユーザーの需要にも対応する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.