ニュース
» 2016年02月05日 11時48分 UPDATE

Corsair、倒立マザー配置を採用したE-ATX対応フルタワーケース「600Q」

リンクスインターナショナルは、Corsair製となるE-ATXマザー対応フルタワーPCケース「600Q」「600C」の取り扱いを開始する。

[ITmedia]

 リンクスインターナショナルは2月5日、Corsair製となるE-ATXマザー対応フルタワーPCケース「600Q」「600C」の取り扱いを発表、2月13日に販売を開始する。予想実売価格はともに2万2600円(税別)。

photophoto 600Q(左)、600C(右)

 ともにE-ATXマザーボードまでの設置に対応したフルタワー型PCケースで、マザーボードを上下反転して取り付ける倒立配置を採用。また電源ユニットは上段に装備、エアフローを隔離したことでCPU/グラフィックスカードを効率的に冷却可能となっている。

 基本仕様は2製品とも共通で、ドライブベイは5インチ×2、2.5/3.5インチシャドー×2、2.5インチシャドー×3を装備。冷却ファンは標準で14センチ角ファン3基を装備した。また600Cは、側面に特大アクリルパネルを備えているのが特徴だ。

photo

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう