ニュース
» 2016年04月25日 06時00分 UPDATE

定規、使えます:新機能の“インク”やエクスプローラのアイコン変更など Windows 10プレビュー版の最新ビルド「14328」公開

米Microsoftが、Windows 10プレビューのビルド「14328」を公開した。Build 2016で発表した新機能「Windows Ink」や、スタートメニュー、日本語入力IMEなどユーザーエクスペリエンスに関わる多数の改良が加えられた。

[山口恵祐,ITmedia]

 米Microsoftは4月22日(現地時間)、Windows 10 Insider Previewの最新ビルド「14328」をPCとモバイル向けに公開した。Windows Insider ProgramのFast Ring向けに提供する。

「Build 14328」 Build 14328で利用可能になった「Windows Ink」

 開発者向けカンファレンス「Build 2016」で発表した、ペンを使った手書き入力の新機能「Windows Ink」など、夏の大型アップデート「Anniversary Update」で正式リリース予定の機能を試せる。追加した新機能は以下の通り。

あらゆる場面でメモが取れる「Windows Ink」

 今表示している画面をキャプチャしてそのまま注釈を書き込んだり、付箋やホワイトボードを呼び出して文字や図を書き込んだりできる新機能だ。これはマップやEdge、Officeといったアプリケーションに統合されているという。

Windows Ink 「Windows Ink」は通知領域に表示されるペンのアイコンから呼び出す

 Surface Pro 4やSurface Bookのようなペンに対応しているデバイスの場合、Windows Inkはデフォルトで有効になり、通知領域に表示されるペンのボタンからアクセスできる。ペンに対応していないデバイスはボタンが表示されないが、通知領域の右クリックメニューで「Show Windows Ink Workspace button」を選択すれば利用できる。

日本語IMEの改善

 日本語環境の文字入力が強化された。例えば「きょう」で変換すれば、さまざまな日付フォーマットが予測変換に表示される。さらに「プライベートモード」を実装。オンにしている間に学習した履歴はオフすると削除される。日本語IMEの設定から有効にできるほか、EdgeやInternet Explorerのプライベートブラウジング中は自動的にオンになる。

日本語IMEに予測能力の強化 サードパーティの日本語入力IMEに実装されていたような機能が、デフォルトで利用できるようになった
日本語IMEで改善されたタイピング履歴管理 プライベートモードが実装された

一覧性が向上した「スタートメニュー」

 スタートメニューを開いたときに、ユーザーアカウントやエクスプローラ、設定、電源が常に左側へ表示されるようになった。「よく使うアプリ」と「すべてのアプリ」は1つにまとめられ、スタートメニューを開く1クリックで全てのアプリにアクセスできる。余計なクリックやスクロールを減らすことができる。

スタートメニュー アプリの一覧表示が改良されたスタートメニュー

タブレットモードの改善

 Windows Insiderからの要望が多かったという、タブレットモードにおけるアプリ一覧の全画面表示が復活した。さらに、タブレットモードで「タスクバーを自動的に隠す」が利用できるようになった。

タブレットモード タブレットモードのアプリ一覧画面

アクションセンターと通知の改良

 タスクバーの通知領域に表示されるアクションセンターのアイコンが、時計の右側に配置される。未読数を表すバッジも表示するようになった。

Cortana アクションセンターを直感的に開くことができそうだ

 加えて、タスクバーの時計をクリックしたときに展開するカレンダーに、スケジュールが表示されるようになった。+ボタンを押せばイベントの追加もできる。また、マルチディスプレイ環境で全てのディスプレイのタスクバーに時計を表示するようになった。これは多くのゲーマーから寄せられた要望という。

Cortana 時計をクリックすれば、スケジュールが確認できる

 また、タスクバーに表示されるボリュームのアイコンから、複数のオーディオ出力デバイスを直接切り替えられるようになった。

Cortana

ロック画面で「Cortana」が使える

 デバイスがロックしている状態でも「マリナーズの次の試合はいつ?」といった質問を問いかけることができる。スケジュールの確認などユーザーの個人情報を利用する場合はロック解除を求める。この機能はデフォルトでオフになっているため、Cortanaの設定画面から有効にする必要がある。

Cortana ロック画面でCortanaに問いかけられる

 本ビルド以降は、簡単な質問やWeb検索であればCortanaを利用する際にMicrosoftアカウントへのログインが不要になる。多くの人々にCortanaの存在を知ってもらうのが狙いだ。

その他

  • アクションセンター内にあるWi-Fiのクイックアクションをタップしたときに、オンオフのトグルではなく「利用可能なネットワーク」を表示するように変更
  • タッチパッド上で4本指を左右にスワイプすると、仮想デスクトップを切り替えできる
  • メール新着時にロック画面に表示されるメールアドレスをデフォルトで非表示にした
  • 音楽を再生中に、ロック画面にメディアコントロールを表示する
  • ユーザーアカウント制御(UAC)の警告表示画面を改良
  • ファイルエクスプローラの新しいアイコン など
ky_insider-11.jpgky_insider-12.jpg 新しいUAC表示(写真=左)。一新したファイルエクスプローラのアイコン(写真=右)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう