ニュース
» 2016年04月26日 15時35分 UPDATE

レノボ、省スペースPC「ThinkCentre Tiny」を背面に格納できる液晶一体型ドッキングステーション

レノボ・ジャパンは、液晶ディスプレイ一体型ドッキングステーション「ThinkCentre Tiny-in-One」シリーズの新モデル計2機種を発表した。

[ITmedia]

 レノボ・ジャパンは4月26日、液晶ディスプレイ一体型ドッキングステーション「ThinkCentre Tiny-in-One」シリーズの新モデルを発表、5月中旬に販売を開始する。ラインアップは21.5型液晶モデルの「ThinkCentre Tiny-in-One 22」と23.8型液晶モデルの「ThinkCentre Tiny-in-One 24」の2機種を用意。同社直販価格はそれぞれ2万4000円/3万円だ(ともに税別)。

 2製品はいずれも、同社製コンパクトPC「ThinkCentre Tiny」を背面側に装着できる液晶一体型の拡張ドックで、それぞれ21.5型/23.8型フルHD液晶ディスプレイを採用。ディスプレイとのケーブルレス接続を実現するほか、1台のACアダプタでTiny本体とディスプレイへの同時給電を行うことが可能となっている。

photo ThinkCentre Tiny-in-One 24

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう