ニュース
» 2016年04月27日 13時30分 UPDATE

7月29日まで:日本人はギリギリまでアップグレードしない? 期限が近づくWindows 10の無償アップグレード、日本マイクロソフトの施策は?

Windows 10の無償アップグレード期間が7月29日に終了する。日本マイクロソフトはアップグレード促進のため、数々の施策を打ち出す。

[山口恵祐,ITmedia]

 日本マイクロソフトは4月27日、Windows 7/8.1からWindows 10への無償アップグレード期間が2016年7月29日に終了するのに伴い、アップグレード促進を目的とする新たな施策を発表した。

全国を走るキャラバンカー 全国を走るキャラバンカー

サポート体制、アップグレード関連情報提供の強化

 日本マイクロソフトが発表した主な施策は次の通り。1つ目がWindows 10アップグレードに関する問い合わせへの対応強化だ。電話とオンラインチャットによるユーザーサポート窓口「Answer Deskサポート」の人員を拡充し、2016年7月末までは平日に加えて土日祝日においても問い合わせに対応することでユーザーサポートを充実を図る。

 2つ目が、オフラインでの訴求拡大だ。Windows 10の無償アップグレード終了告知を目的とした、Windows 10ラッピングのキャラバンカーを全国に走らせ、さらにWindows 10と最新デバイスを実際に体験できるブースを全国10都市以上で展開するという。

 そして最後に、5月10日より毎月10日を「Windows 10の日」とし、WebサイトやSNSといったオンライン上での告知を強化。Windows 10ユーザーの声や法人ユーザーの導入事例などを積極的に発信していくという。

63%がWindows 10無償アップグレードの期限を把握していない

日本マイクロソフト代表執行役社長の平野拓也氏 日本マイクロソフト 代表執行役社長の平野拓也氏

 記者会見に登壇した日本マイクロソフト代表執行役社長の平野拓也氏は、冒頭で熊本地震の被災者に見舞いの言葉を表明しつつ、今回の施策について次のように説明した。

 「Windows 10への無償アップグレードが可能な期間が残り100日を切った。ユーザーの63%がアップグレード可能な期限を把握しておらず、さらに31%のユーザーにはWindows 10の良さをまだご理解頂けていない。今はアップグレードの終了タイミングとWindows 10の価値を伝えることが重要と考えている」(平野氏)

 日本マイクロソフトが展開するSurfaceシリーズについては、「ビジネスユーザーを中心に高い評価を受けているSurfaceだが、引き続き学生やクリエイターの皆様にも訴求していきたい。28日からは学割キャンペーンの対象に『Surface Book』も追加する。ぜひ最高のデバイスを使ってほしい」(平野氏)としている。

日本人はギリギリまでアップグレードしない傾向にある

 Windows 10のアップグレードに関する日本市場のユニークなところとして、日本マイクロソフト Windows本部本部長の三上智子氏は次のような点を挙げた。

日本マイクロソフト Windows本部本部長の三上智子氏 日本マイクロソフト Windows本部本部長の三上智子氏

 「日本は欧米に比べてギリギリまでアップグレードを行わない傾向があるため、残り100日を切ったこれからの期間に注力していく。日本のユーザーがWindows 10のアップグレードに関して気にしているポイントは、『普段使っている周辺機器の互換性に対する問題』や、単に『何となく不安』という声だ。互換性に関しては、本国(米Microsoft)のチームが日本に1カ月滞在して、日本市場における独特な周辺機器やアプリの互換性を徹底的に検証した。安心してアップグレードしてほしい」(三上氏)

ユーザーの声 Windowsフィードバックによるユーザーの声

 三上氏は、Windows 10にアップグレードしたユーザーは新デバイスへの買い換え意欲が高まるというデータがグローバルで出ているとも表明しており、Windows 10の普及とともに、新デバイスへの移行も促したい構えだ。

 Windows 10の無償アップグレード期限となる7月29日の具体的な終了時刻は定まっていないようだが、平野氏は「29日の終日までに行って頂くのが確実。早め早めにお願いしたい」としている。具体的な時刻は日本マイクロソフト内でも把握していないのが実情のようだ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう