ニュース
» 2016年07月07日 12時47分 UPDATE

出たな変態ガジェット:iPad air2/Pro 9.7専用の背面Bluetoothキーボード「T-BLADE」

タブレットの背面にキーボードを配置しようという発想。

[井上輝一,ITmedia]

 T Solution Japanは7月7日、iPad air2/Pro 9.7専用のパンタグラフ式背面Bluetoothキーボード「T-BLADE」を発表した。

iPad air2/Pro 9.7専用のパンタグラフ式背面Bluetoothキーボード「T-BLADE」 iPad air2/Pro 9.7専用のパンタグラフ式背面Bluetoothキーボード「T-BLADE」

 T-BLADEは同社が2015年から開発していた製品で、2016年5月の「2016 JAPAN IT WEEK春」に参考出展したプロトタイプの反響が高かったため、製品化して販売することを決定したという。

 T-BLADEの背面には左右に分けたQWERTYキーボードを配置し、前面にはリターンキーやスペースキー、シフトキーなどを置くことで、iPadを両手で持ったままキーボード操作を完結できるようにした。

背面キーボードは左右に分かれている 背面キーボードは左右に分かれている

 これにより、ソフトウェアキーボードを表示する必要がないので画面が広く使え、またiPadの前にキーボードを置くスペースも確保しなくていいようになる。もちろん背面入力に慣れなければいけないが、慣れればiPadの機動性は大幅に向上するだろう。

 発売時期は2016年秋頃を予定しており、販売価格は現在未定だ。本体サイズ、重量はそれぞれ予定としては175(高さ)×273(幅)×20(奥行き)mm、約370gとなる。

関連キーワード

キーボード | iPad | Bluetoothキーボード


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう