レビュー
» 2016年07月07日 21時00分 UPDATE

話題のVRも存分に楽しめる:“GTX 1080”搭載ゲーミングPC「GALLERIA XG」のパフォーマンスは? (1/3)

 ゲーミングPCとして定評のあるドスパラの「GALLERIA」シリーズに、最新グラフィックスカード「GeForce GTX 1080」を搭載した「GALLERIA XG」が加わった。拡張性を重視したATX規格のマザーボードが収納可能なフルタワーモデルとなっている。今回はゲーミングPCとしての実力について検証していきたい。

[長畑利博, 撮影:矢野渉,ITmedia]

高性能ゲーミングPCの王道タワー型デスクトップ機

 最近はコンパクトで高性能なノートPCなども“ゲーミングPC”として人気が高いが、やはりゲーミング性能を追い求めるのであれば、簡単にグラフィックスカードなど内部パーツをアップデートできるタワー型がオススメだ。今回取り上げる「GALLERIA XG」は、本体サイズが207(幅)×450.2(奥行き)×520.7(高さ)mmというタワー型の大型モデルとなっている。ボディーは大型だが内部スペースに余裕があり、メンテナンス性が高いのが特徴だ。

「GALLERIA XG」 GeForce GTX 1080を搭載する「GALLERIA XG」

 標準仕様ではCPU倍率が変更可能なCore i7-6700K(4GHz/最大4.2GHz、4コア/8スレッド、3次キャッシュ8MB)とGeForce GTX 1080の組み合わせとなっている。今回の評価機は、プロセッサにIntel Core i7-6700(3.4GHz/最大4GHz、4コア/8スレッド、3次キャッシュ8MB)を搭載し、グラフィックスカードにNVIDIA GeForce GTX 1080(8GB)を組み合わせたモデルだ。

 最初にこのIntel Core i7-6700から紹介していこう。Core i7-6700は第6世代CoreプロセッサでデスクトップPC向けのSkylake-Sと呼ばれるモデルだ。Core i7-6700Kとは異なりCPU倍率の変更はできないものの、4コア8スレッドで動作し、Turbo Boost時の動作クロックは最大4.0GHzと非常に高速だ。ゲームプレイだけでなく、負荷の高い動画の編集等にも使える強力な処理性能を持っている。

 メインメモリはHinix製のPC4-17000の4GBが2枚搭載されており容量は8GBとなっている。このため空きメモリスロットが2本あり、必要に応じて自分で増設することも可能だ。

「GALLERIA XG」 「Intel Core i7-6700」
「GALLERIA XG」 CPUにはCore i7-6700を採用している。L3キャッシュの容量は8MBと同じSkylake-SのCore i5シリーズの6MBよりも大きくなっている
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう