レビュー
» 2016年07月14日 22時00分 UPDATE

なんだか“引き寄せられる”ヤツを試してみよう:999円で向きを気にしなくてOK!「microUSB マグネットケーブル」が便利すぎて鼻血が出そう

ちょっと前に話題になったリバーシブルでマグネットなMicro USBケーブルが、上海問屋の商品ラインアップに追加された。しかも999円という破格。

[山口恵祐,ITmedia]

USB Type-C、Lightning……

 スマートフォンやタブレット、カメラ、ゲーム機など、今やMicro USBでバッテリーを充電するガジェットが世の中に溢れかえっています。一般的なAndroidデバイスを使っているユーザーなら充電ケーブルを共用できるので便利ですが、Micro USBってコネクタを差し込む“向き”があるじゃないですか。なかなか差し込めないときがあってイライラしますよね。特に頻繁に抜き差しする使用頻度の高いデバイスはなおさら煩わしい。

「microUSB マグネットケーブル」 「microUSB マグネットケーブル」

 その点、AppleはiPhoneやiPadのコネクタとして「Lightning」という表裏のないコネクタを採用しています。最近はUSB 3.1で制定された新しいコネクタ規格「USB Type-C」も普及の兆しを見せており、AndroidスマートフォンやPCでも表裏関係なく抜き差しできるデバイスが増えてきました。

 とはいえ、まだ多くのデバイスがMicro USBを採用しており、しばらくはこのポートにお世話になりそうです。そこで、ちょっとでもMicro USBの使い勝手を向上してくれそうなグッズが、上海問屋の「microUSB マグネットケーブル」です。

 このケーブルはコネクタ部分がマグネットで取り外しできるようになっており、利用したいデバイスのMicro USBポートに先端部分をあらかじめ取り付けておけば、磁石でケーブルの着脱が可能になります。カラーバリエーションは定番になりつつあるゴールド、シルバー、ピンクの計3色をラインアップしています。

「microUSB マグネットケーブル」 一見すると、普通のMicro USBケーブルですが
「microUSB マグネットケーブル」 先端部分を取り外すことができます

 試しにモバイルWi-Fiルーターへコネクタを装着してみました。これなら向きを気にしないどころか、片手で簡単にMicro USBケーブルを着脱して充電することができます。これならドッキングステーションはいらないかも。

「microUSB マグネットケーブル」 モバイルWi-Fiルーターに先端部分を取り付けてみたところ
「microUSB マグネットケーブル」 マグネットで簡単に装着できる。通電中は緑のLEDが点灯する

データ通信するには向きがある?

 こちらはAndroidスマートフォンに装着してみたところ。頻繁に充電する人にとっては、かなり便利に感じることでしょう。

「microUSB マグネットケーブル」

 ただし、Micro USBポートを専用のマグネット端子で埋めてしまうため、他のMicro USBケーブルを利用する場合は先端部分のパーツをいったん取り外さなくてはいけないというデメリットも発生します。複数の異なるMicro USBケーブルを使いこなしているユーザーは、この製品は合わないでしょう。また、デバイス側に装着するコネクタは少々出っ張るため、ポートの位置によっては気になってしまうかも。

 さらに試用を続けたところ、あることに気付きました。PCなどに接続してデータをやりとりする場合、コネクタに向きがあるのです。“向きを間違えると充電のみ”で通信は利用できません。あいにくマグネットで着脱が簡単なため特に支障はありませんが、ここはもう少し詰めてほしかったところ。

「microUSB マグネットケーブル」 少々出っ張りが気になるか

 筆者の記憶が正しければ、マグネットで着脱できるMicro USBケーブルは少し前にクラウドファンディングで登場し、同様のコンセプトであるさまざまな製品が登場しました。しかし、どれも価格が高く、あまり購入には気乗りしなかったのが正直なところ。

 今回紹介した上海問屋のmicroUSB マグネットケーブルは999円(税込)と、非常にお手頃価格で入手できます。意外と使いどころが難しい製品ではありますが、Micro USBの着脱を楽にしたいユーザーは気軽に試す価値があります。

→【PR】PC USER特設ページ「ニーハオ!!上海問屋」
小粋で便利な周辺機器やAV製品から、おもしろUSBメモリまで、多彩な製品がここに集結!! “上海パンダ”がお出迎え


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう